ヤング・アインシュタイン
4.1

/ 7

43%
29%
29%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(3件)

笑える28.6%コミカル28.6%楽しい28.6%知的14.3%

  • ves********

    3.0

    80年代MTVテイストバカ!

    この手の80年代のちょっと突っ込みベクトルが特殊なコメディは、アホめっ!の1行で済ませてもいいのかも(笑)。 あまりにもくだらなさすぎて、内容忘れてたんだけど、 最近再び鑑賞してみて… …うわー、やっぱりくだらない(笑)。 アイデアはスゴいのよ。 ●オーストラリア・タスマニア島で両親とリンゴ農園で暮らす若きアルバート・アインシュタインは、その頭脳をもって、原子核を分裂させる方程式E=mc2を発明。方程式を元に、世界で初めて泡のあるビールを作り出す。 ●泡入りビールの特許を取るため、アインシュタインはオーストラリア本島へと旅する途中、列車の中で、シドニー大学留学中のマリー・キューリーと出会う。 ●アインシュタインとマリー・キューリーは恋に落ちる。 ●アインシュタインはロックンロールの方程式を発明する。 ●ついでにエレキギターも発明する。 ●サーフィンも発明する。 さて、間違いはどこでしょう。 てか、正解が一つもないぜ(笑)。 本島に渡って特許を申請するも誰にも理解されないばかりか、原子核を分裂させてビールの泡を作る方法を盗まれてしまうアインシュタイン! アインシュタインとキューリー夫人の恋と、ビールの泡の行方やいかに。(しらんがな) 出来事だけ書き出すと、もんのスゴく面白いコメディに思えるんだけどなあ。 たしか公開当時、試写会で観たような気がするんだけど、憶えていたのは、パイにされて焼かれようとしている子猫ちゃんをアインシュタインが助け出す、というシーンだけ。 (パイ皮の中でずっとミューミュー鳴きながらモソモソ動いてる (TдT) …) これは好みの問題だろうが、いい材料は揃ってるし導火線もある、しかし、火がつかない。 なーんか都合のいいことしか説明してないし、どうしても中学生が想像でノートに書いた物語みたい、それが悪いとかじゃないけど。 大人向けバカ映画ではなくて、小学校高学年~中学生向け正調コメディなんですわ。 主演・監督ヤッホー・シリアス。 人を食った名前といい、ただもんじゃないと思ったんだけど、その後2、3本作って音沙汰なし。何してんのかな~。 この人、ミュージックビデオでも作っていたんだろうか、年中MTVみたいになっちゃうし。 80年代の痛さというか、そういうものに耐えられればこれは観てソンはないバカ映画。(本当にバカだけどな!) このアイデアはスルーするには、あまりに惜しい。 オープニングで変な着ぐるみタスマニアデビルがうろうろしてるあたりなんか、アメリカっぽくはない、イギリスの匂いもする。どこにでもワラビーがいるわざとらしさとか、そういうところ好きなんだけどなぁ。 バカ映画観たいな~って時にうってつけです。 ぜひ、頭をかかえて(腹じゃなくて)ください。 *** あ、エンドロールでスティーブ・アボットの名前を見つけてドキっとしたディーープなパイソンファンの方(←私)、ご安心ください、あれはアカの他人です。

  • pla********

    4.0

    面白すぎて!

    オーストラリアの友達に勧められてみました。アインシュタインが色々な実験を繰り返して、その姿がとても面白くて飽きずに見ることができます!ヤッホー・シリアスのその他の作品も面白いです!笑いが欲しい方は是非おススメできる映画です。コメディ好きの人におススメです!

  • kyd********

    5.0

    ロックファンが見る映画。

    エレキギターの発明者は、寺内タケシではなく、 アインシュタインだった! 主演のヤッホー・シリアス、けっこう二枚目で才能あるのに、 そのあとあんまり見ないねえ。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ヤング・アインシュタイン

原題
YOUNG EINSTEIN

上映時間

製作国
オーストラリア

製作年度

公開日
-

ジャンル