ロード・トゥ・ヘブン
1.7

/ 23

4%
13%
4%
9%
70%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(2件)


  • kih********

    2.0

    TRUE とは思えない WOMEN、アメリカ史。

     いろいろな美人が出てくるのだが、私にはそれぞれの美人ぶりの見分けがつかず(同じような顔にみえてしまう)、人間関係も(従ってストーリーも)混乱してしまう。それでも凡その内容は分かる。結局のところ、このアメリカ映画も、アメリカ史を正当化しようというプロパガンダではないのか。奴隷制度にもこういう(悪くはない)側面もあった、とか、女性の参政権にもこういう努力があった、とか、……、だからアメリカ建国史は必ずしも先住民侵略・制圧の歴史ではない、と。  何だかんだと勝者の歴史を正当化するのに、後になって、ちょこちょこと美談ストーリーで塗って行こう、ということだろう。奴隷が自由解放された時にも、奴隷の側から、引き続き奴隷として雇用して欲しいと申し出る ―― という部分など、その好例。この延長上に女性の参政権に発展するというのには無理がある。  黒人も大統領になる国だから……、女性も大統領になれる国だから……、大統領が被爆地広島を訪問する国だから……、という理由でアメリカの富国強兵策を容認することはできまい。  敢えて美談を取り上げるのであれば、スクリーン受けする美男美女ではなくて、服従者たちが作り出す筋肉や眼光を中心にしたドラマに仕立てるべきだ。  そう、同じ時代の『風と共に去りぬ』の女も嫌味だったね。

  • gar********

    4.0

    ネタバレ女達の戦い

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ロード・トゥ・ヘブン

原題
TRUE WOMEN

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-