ギブリーズ episode 2
2.9

/ 40

8%
18%
48%
15%
13%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(5件)


  • bar********

    3.0

    ギブリーズ

    ギブリーズ。『猫の恩返し』と同時上映されましたね。最初は全然意味が分からなくて、どういう映画なのか自分でも説明できなかったんですけど、これってスタジオジブリのちょっとした息抜きといいますか、面白おかしく作品を作ってみたという感じの映画なんじゃないでしょうか。 キャラクターもスタジオジブリのスタッフをモデルにしたような人々で、ストーリーも日常的な風景をベースに、あとはアニメーションの実験というか訓練というか、習作っぽいものにしようという意識で作っているように感じます。 やっぱりスタジオジブリは、こういった作品でもなかなかのものをあげてきます。美しいです。スケールが小さいし、全体的なデザインを考えたら、よくわからないものが多く、作品として評価するのは難しいんですが、こういった作品があってもいいと思います。 カレーのくだりと、最後におじさんが帰るシーンは結構好きです。

  • goo********

    5.0

    すごいすき。

    最後の浮いてるおじさんの会社から帰る部分がすごいすき。 ずーっとみてたい何時間も何日も。

  • hir********

    4.0

    夏は、やっぱりカレーよねぇ・・・

    10倍カレーを、完食したキャリアウーマンが、地球を3周廻って来た後、 会社に戻って言ったセリフが、このレビュータイトル。 この間、彼女から借りたDVD「猫の恩返し」に付いてたアニメ。 まさか、この声は・・・と思ったら鈴木京香さんでした、意外・・・ 「ノーウーマン・ノー・クライ」にあわせて、地球圏外まで・・ご苦労様です。 たまたま、「エヴァ」の話をしたら、 「エヴァって、後半、幻想的な話になるんですよ、アレって予算が途中で無くなって、  やむなく、そうしたらしいですよ。」 へぇ、テレビシリーズって、そうなんだ・・・ だから、「劇場版」は、予算をたっぷり使って、しっかりしたモノにしてるんだ・・・ ・・・と、色んな事を考えた。 ・・・・・(-。-)y-゜゜゜・・・それましたな・・・ カレーのエピソードと、初恋のエピソード、あと「直帰」の話もありました。 営業マンなら、皆、わかりますなぁ・・・「夢」の直帰、「憧れ」の直帰、 スケジュール・ボードに「直帰」と書く時の、ウキウキ感。 そう言えば、この主人公も地に足がついてなかったですな・・わかります。 連休前の直帰なんて言ったら・・・ソラ、あーた、地球征服した気分ですよ。 上司とすれ違う時のドキドキ感、「ここで止められたら、どーしよ・・」みたいな・・ まぁ、「直帰」には、男のロマンがあるんですなぁ・・・ さて、昨日、プールに行ってきた俺だけど、 プールで食う「カレー」ってのも、ウマイよね。 ソコのカレーは、また一段とうまかった。 「テラスのカレー」なのに、なぜか人参、じゃがいも、ゴロゴロの家庭カレーだった。 ガキの頃、オフクロに創ってもらった黄色いカレー、アレだな・・・ 腹減ってる時は、あのカレーが一番いいのよ。 ちなみに、俺、「激辛カレー」は苦手。 過ぎたるは及ばざるが如し。  

  • sei********

    4.0

    カレーを食べる前に観よう。

     「猫の恩返し」と同時上映されたこの短編アニメ集は、スタジオギブリ(余談1)の内輪ネタを元に創った小話集と言うべきか。中でも好きなエピソードはカレーの話である。  いしいひさいち氏の漫画で御馴染みのキャラが営む激辛カレー屋でのカレーライスが非常に美味そうに見える。ゆかりさんたちのカレーを食べる表情が香りと辛さを引き立たせる。こういうアニメを見ると自分もカレーを作りたくなってくる。そもそも、このレビューを書いた動機は今晩カレーを作ろうかなと思い立ったからだ。  ジブリのアニメや、古くは宮崎駿氏が担当した「未来少年コナン」や「アルプスの少女ハイジ」などで登場する食事の場面は実に楽しく美味しそうで、同じ物を食べたくなる。実際に「ハイジ」と同じようにドイツパンを取り寄せてチーズとベーコンを挟んで食べたことがあるし、「コナン」のように大きなコーヒーカップにビーフシチューを入れてパンをちぎって浸しながら食べたことがある。  それに引き換えアニメ「美味しんぼ」の食事場面はヒドイ。料理と食文化ウンチクがメインのアニメなのに、料理がおいしそうに見えない。あまりに粗末な作画だった。だから主人公たちが並べる食べ物の薀蓄が空虚に聞こえた。毎週の連続アニメだからやむを得ないのかな、とも思ったが、宮崎駿監督が手掛けた「コナン」も「ハイジ」も週一アニメだ。しかも食事場面はあくまで脇役だ。「美味しんぼ」は何故手を抜いたのかな? (余談1)ジブリファンには御存知のことと思うが、ローマ字表記の発音では「ギブリ」が近く、「ジブリ」は宮崎駿氏の勘違いである。とはいえ、登記は「ジブリ」で行っているだろうから誤った表記が正式名になってしまっているのでやむを得ない。

  • peo********

    4.0

    カレーなる勝負

    ギブリーズ episode 2のテーマは 『普通の人々の生活の、ほんの一部分を取り上げて 普通の人々を一瞬だけ主人公にする。』 スタジオギブリで働く気弱な野中君や男前なゆかりさん達の どってことない6つのショートストーリーなんだけど この、色鉛筆で描いたような絵と間延びしたストーリー、 ふわふわした雰囲気がなんとも言えない。 これ観るとね、絶対カレーが食べたくなる。 思いっきり辛いヤツね。 これは大人のためのジブリ。 いや、ギブリ。 心地よく脱力。

1 ページ/1 ページ中