ここから本文です

トリック 劇場版 (2002)

監督
堤幸彦
  • みたいムービー 33
  • みたログ 2,941

3.29 / 評価:433件

仲間由紀恵が最も輝いている。

  • 黒猫嬢 さん
  • 2010年4月26日 0時05分
  • 閲覧数 348
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

監督:堤幸彦 脚本:蒔田光治

 テレビ放送で観ました。観た直後なので、興奮した状態で書いています。過去に『トリック』シリーズを観たのは、堤幸彦の演出なのか、蒔田光治の脚本なのか、それとも両方なのかは分かりませんが、ギャグが生理的に受け付けなくて、シリーズ1の第1~3話を観ただけですが、仲間由紀恵演じる山田奈緒子と、阿部寛演じる上田次郎のコンビは好きです。私はテレビで観たので2時間ドラマ感覚で楽しめましたが、スクリーンで上映する映画としてはどうなのかなぁ。ストーリーは、「いくら東北?の山奥の村だからといっても、現代の日本で科学はともかく法律が通用しない所が有るのかなぁ」と、ツッコミどころが満載でしたが、寺山修司や横溝正史みたいな土俗的な不気味さが好きです。

 何といっても仲間由紀恵が輝いています。仲間由紀恵は、『大奥』で観ましたが、『大奥』の時は「時代劇的な外連味たっぷりの芝居」という意味では演技は上手かったのですが、主演としての華はあまりパッとしなかったと思いました。しかし、『トリック』シリーズでは魅力全開。仲間由紀恵自身の抑揚が無い声と、山田奈緒子という役柄の台詞の調子が合っているからか、他の作品なら「大根」と言われていそうな台詞回しですが、『トリック』シリーズでは逆にそれが魅力に転化している気がします。黒髪長髪の仲間由紀恵の美貌や眼力をこれでもかと魅せてつけてくれて、『トリック』シリーズはミステリーとしての完成度はともかく、仲間由紀恵のアイドルドラマ・映画としては良く出来ていると思いました。「仲間由紀恵は、『トリック』シリーズで注目されて、『ごくせん』シリーズで大ブレイクしたんだっけ」と思い出しました。
 阿部寛も生瀬勝久も『トリック』シリーズで注目されましたしね。
 今回のゲストで良かったのは、芳本美代子・根岸季衣・石橋蓮司。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不思議
  • 不気味
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ