ここから本文です

竜馬の妻とその夫と愛人 (2002)

監督
市川準
  • みたいムービー 51
  • みたログ 431

3.11 / 評価:91件

龍馬さん、あの時シビれてたんだ(笑)

三谷幸喜原作・脚本の舞台の映画化。

これだけで興味津々、しかもネタは旬な坂本龍馬。
ですが、話は龍馬が死んで13年後の設定。

さすがは三谷幸喜、面白くウィットに富んだストーリーです。
ただ、映画としては時の流れがゆっくりで、起伏が少ない感じ。
舞台版の方がきっと面白いだろうな~と感じました。
映像は監督のセンスなのか、ときおり関係ないけど美しいシーンがちりばめられています。

メインのキャストはほぼ4人。

龍馬が愛した妻のおりょう(鈴木京香)
おりょうの再婚相手のダメ男(木梨憲武)
坂本龍馬似のおりょうの愛人(江口洋介)
坂本龍馬を崇拝する元部下(中井貴一)

この4人の繰り広げる演技合戦が最大の見所。
憲さんも実力派俳優を向こうにまわして頑張ってました。
特にうれしい時の表情がいいです。
そして、あいかわらず飯を食う時の表情は秀逸。
ご飯をおいしく食べる表情では、彼よりおいしく見える人はいません。

中井貴一のコメディっぷりも楽しいし、
正体がわかってからの江口洋介の変わりっぷりも面白い、
鈴木京香の寂しさと艶っぽさもお見事でした。

最後のオチもなかなか興味深い。

坂本龍馬暗殺。
いくら不意を突かれたとはいえ、簡単に殺されちゃったなあと思ってましたが、
こんな隠された秘密があったとは(笑)。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • ロマンチック
  • 切ない
  • セクシー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ