ここから本文です

竜馬の妻とその夫と愛人 (2002)

監督
市川準
  • みたいムービー 51
  • みたログ 431

2.89 / 評価:91件

落ち しか見るところが無い。

  • kun***** さん
  • 2016年11月5日 8時52分
  • 閲覧数 563
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

落ち が決まってるから2点にしやったぜ。
三谷作は好悪が激しく嫌いな人は全くダメで、好きな人は信者の様に。
自分はNHK新選組は合ってた方だし、江も好みで、ある程度の茶化しは創作である以上自由だと思う方。
だけど、創作は歓迎するけど、それがカスなら問題外。
これで何がダメだったか?
木梨だ。
トンネルズの何かしたり顔が時々見えるのが嫌いで、木梨がニヤニヤ顔がだめだな。
おりよう になんで俺じゃだめなの?と聞く場面は 顔と言って欲しかった。
他人の顔にとやかく言うような面じゃないけど、あの顔に自信が有り過ぎる。
安田成美にアタックするって殆ど信じられない。
TV美少女の典型の様な清楚さに木梨だよ。
まあ
だれが安田成美にふさわしいか?そんな者誰も思い浮かばないが、木梨は嫌だ。

その木梨が画面の中で物にぶつかったりこけたり、お笑いの定番だが、態とらしく、煩いだけにしか見えなくて、それは演出が下手だから。
テンポに間が無い。
心地いいコケは絶妙の間だがこの演出家にはその心得が全く欠如してる。
次々と繰り出されるお笑いの要素が全て滑ってる。
幕末の2大スター竜馬と晋作物は好きだし、その分期待は大きいが、
これは全くのカスでがっかり度がその分高い。
三谷作で初めてがっかりした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ