ここから本文です

竜馬の妻とその夫と愛人 (2002)

監督
市川準
  • みたいムービー 51
  • みたログ 431

2.91 / 評価:90件

木梨憲武さん以外の人で見たかった

  • サンゴ さん
  • 2019年6月25日 17時05分
  • 閲覧数 97
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

鈴木京香さん演じる坂本龍馬の未亡人おりょうの再婚相手役が木梨憲武さんで、坂本龍馬の元部下でおりょうの妹と結婚したおりょうにとっては義理の弟役が中井貴一さん。
竜馬に似たおりょうの浮気相手役が江口洋介さん。
これはほぼこの4人だけの映画。
もともと舞台劇だったのを映画化しただけあって、舞台ならきっと面白かったんだろうなあという気はする。
でも、この映画はいまいちかなあ。

鈴木京香さんは文句なく良かったし、中井貴一さんも良かった。
江口洋介さんは無難といったところか。
私は、木梨憲武さんがこの役に合ってないと思う。
木梨さんはお芝居がうまいから演技力的にはなんの問題もないんだけど、映画に出ると、どうしても違和感が半端ない。
最近「いぬやしき」を見て、同じことを思った。
なんだろう? 顔にインパクトがありすぎるのか? どうしても、どうしても、とんねるずの木梨憲武にしか見えず、そうなるとコントにしか見えない。
コントにしか見えないわりにこの作品はそんなに笑えるような作品でもなく、どちらかというと物悲しく切ない話なので、よけい面白くないように思えてしまう。

舞台版ではこの役を平田満さんがやってらっしゃったようで、平田満さんならぴったり。というか多分あてがきなんだろうなあ。
平田満さんで見たかったです。
平田さんでなくてもいいけど、木梨さんではないと思う。やっぱり。

役者さん以外のことなら、テンポが悪いのが気になった。
あまり笑わせようとしてないので、わざとゆるめのテンポにしてるのかもしれないけど、ストーリー自体にたいして起伏がない分、テンポが遅いと退屈する。
なんというか、登場人物全員が少し抑えた演技で、絵にも話にも華がない。
わざとなんだろうけど、私には物足りなかったな。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 絶望的
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ