陽はまた昇る
4.0

/ 315

38%
35%
19%
6%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(72件)

泣ける27.3%勇敢25.8%かっこいい21.1%知的10.9%切ない4.7%

  • sut********

    3.0

    ネタバレドラマは現実には負ける、でも

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • koz********

    2.0

    規格統一はいつの時代も困難

    ビデオテープの規格は消費者側からすると、何とか統一できなかったのかと思ってました。もちろん今でも。 これは、官主導で統一を強制しようとした結果、企業の反発を食らって ちゃぶ台返しされてしまった、当時よくあった事例の一つですね。 自家用車参入に苦労したトヨタ、4輪への参入を絶たれかけたホンダなど、自動車産業だけでも官に苦労させられました。 規制という横槍を入れるものの、企業が反骨精神で乗り切り、それ以降の繁栄の基盤を築いています。 総じて省庁主導のテコ入れは先見性の面で甚だ疑問です。 さて、ソニーはこのビデオ規格競争で敗れたことを教訓にしてか、3.5インチフロッピーの規格は公開して競争に勝っています。ですがメモリースティックなど、独自規格に走る傾向も大いにありました。 と、この映画を観て感慨に浸ったところです。

  • taf********

    3.0

    仕事を頑張りたくなる一本

    VHS。 そして、Blu-rayすら 家庭ではあまり使われなくなって来てますね。 今や、サブスクの時代。 または、テレビ本体での録画が可能。 だがしかし、 先人の絶え間ない努力なくして今はない。 身の回りのありとあらゆる物に人々の想いや努力が詰まっているのですね。 人が生きると言うことは、 人が作った椅子に座り人が作った器でご飯を食べる そうして、人は人になっていくのですね。 そういうやりがいのある仕事が 今どれだけあるのだろうか。

  • bze********

    5.0

    ネタバレ背中で語れる

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yok********

    4.0

    当時の企業戦士の勇姿

    面白かったです。当時の企業戦士のいい意味での一体感。懐かしい日本の会社感が伝わってきて良かったです。そう言えば、今と違って、昔は町の電気屋さんで電化製品を買っていたなぁ。と、松下幸之助の偉大さが感じられました。ただ、最後の感動の押し付けは少し、食傷気味でした。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


西田敏行加賀谷静男
緒形直人江口涼平
篠原涼子柏木夏佳
真野響子加賀谷圭子
石橋蓮司金沢紀之
倍賞美津子村上雅恵
江守徹寺山彰
渡辺謙大久保修
津嘉山正種渡会信一
國村隼小出収美
中村育二平井友輝
田山涼成服部一義
蟹江一平新田泰介
新克利宮下茂夫
加藤満小野俊夫
崔哲浩大木良弘
永倉大輔小島孝志
石丸謙次郎大野久志
石田法嗣加賀谷勇次
夏八木勲武田壮吉
井川比佐志門脇光蔵
仲代達矢松下幸之助

基本情報


タイトル
陽はまた昇る

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル