ここから本文です

修羅の雀士 ナルミ2 (1993)

監督
金澤克次
  • みたいムービー 0
  • みたログ 0

3.00 / 評価:1件

牌さばきは勉強になる

  • baran さん
  • 2013年11月5日 1時06分
  • 閲覧数 843
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

ナルミシリーズ第2弾ですが、なぜか主役のナルミが前作の倉田てつを氏から坂上忍氏に変更されてます。敵役の神宮は又野氏で同じなんですが。

ヒロイン役はまだ二十歳前の初々しい水野美紀が演じており、20年前のファッションは信じられないくらいダサいですが水野美紀は美人オーラ全開です。

さて前作もそうでしたが、相変わらず20年前の麻雀なのに牌さばきはカッコいい。
牌姿がアップになった時の牌さばきは手タレさんが演じているんでしょうが、実際に打つ麻雀で真似したい手さばきですね。

ナルミ役の坂上氏は後に雀鬼シリーズにも代打ち役として出演したり、われめでポン等の麻雀番組でも実際に打ったりしてさすがの牌さばきですが、倒牌する時にバラっと牌を倒すのだけはいただけません。両端を押さえてパタっと倒牌する方が美しく見えます。

今作は冒頭から「決め打ちのナルミ」として名が通ってますが、前作パート1でレビューした通り現代麻雀では決め打ちという戦法はあまり評価されていません。

配牌でいくらチャンタ系がちょっと見えたとしても、第1打から真ん中の牌ばかり切っていくのは下手くそに思われます。そんな決め打ちしてたら手が仕上がるのが遅くて後手後手ですからね。

劇中ではナルミ組を立ち上げて神宮との勝負に持ち込もうと画策しますが、結局神宮と戦う前に物語は終了してしまいます。
本当はパート3で神宮と再戦して完結の予定だったのかもしれませんね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ