ここから本文です

ヤング・フランケンシュタイン (1974)

YOUNG FRANKENSTEIN

監督
メル・ブルックス
  • みたいムービー 38
  • みたログ 238

4.04 / 評価:67件

コメディーでも本格的に再創造された名作

  • morecambeandwise さん
  • 2020年4月19日 1時14分
  • 閲覧数 120
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

「ヤング・~」と聞くと、記憶にある一番印象的なのは「ヤング・シャーロック」だったり「ヤング・インディー・ジョーンズ」なのですが、なんと巨匠メル・ブルックスにもあったとは。1974年なのですが、モノクロ。

有名なフランケンシュタイン博士の曾孫フレデリックが、曾祖父の研究室を訪ねてその研究の秘密を知る。初めは自分はまっとうな科学者のつもりでいたけれども、やはり誘惑に抗しきれずに生命創造の実験に手をつける、というお話。

生まれた怪物は、言葉をしゃべれない失敗作だったけれども、フレデリックの必死の教育で、科学界に披露できるまでになる。しかし火への恐怖から暴れ出した怪物は捕らえられてしまう。

後は怪物の逃亡劇と、彼を救うためのフレデリックの最後の実験。原作とは一味違ったハッピーエンドに。

全体を通じてのメル・ブルックス節、オフビートな笑いで飽きさせずに見せてくれますが、本質的に原作が持っていた怪物の哀しみや大衆の愚かさ、科学者の傲慢のようなものはそのまま生きているのがすばらしいなと思いました。

キャストではアシスタントのインガ役がテリ・ガー。「警部マクロード」や「オー・ゴッド!」「未知との遭遇」「スペース・エイド」などが著名ですが、74年だと本格的に知名度が上がる前の作品ですね。怪物役のピーター・ボイルは「ドリーム・チーム」が印象に残ってます。エンドロールが出るまで気がつかなかったのは怪物が逃亡中に出会う盲人役がジーン・ハックマンだったこと。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ファンタジー
  • スペクタクル
  • ロマンチック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • セクシー
  • かわいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ