ここから本文です
【お知らせ】映画館の上映スケジュールについて、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響により、実際の上映時間と異なる可能性があります。ご不明な場合は、各劇場にお問い合わせくださいませ。

007/ダイ・アナザー・デイ (2002)

DIE ANOTHER DAY

監督
リー・タマホリ
  • みたいムービー 40
  • みたログ 2,587

3.62 / 評価:531件

解説

 ジェームズ・ボンドは、北朝鮮のムーン大佐暗殺任務に就き、英国諜報部員の精鋭たちと共に朝鮮半島に潜入する。しかし、任務遂行目前にして正体を見破られ、北側に捕まり、監禁、拷問に耐える日々が続く。14ヶ月後、ボンドは南側で捕虜となっていたムーン大佐の腹心ザオとの交換によりようやく自由の身となった。しかし、上司Mはボンドが拷問に負け情報を漏らしたと疑い、諜報部員の資格を剥奪したうえ施設内に幽閉してしまう。ボンドは自らの疑いを晴らすため、なんとか施設を脱出すると、鍵を握る男ザオを追ってキューバへと向かうのだった…。

allcinema ONLINE (外部リンク)

映画レポート

(C)2002 MGM Film Corporation All Rights Reserved.
(C)2002 MGM Film Corporation All Rights Reserved.

「007/ダイ・アナザー・デイ」─剛速球の演出でアクションてんこ盛りのシリーズ記念作

どうも世間で過小評価されてるようだが、ピアース・ブロスナンがボンド役を演じるようになってからの007シリーズは、アクション映画としても水準以上で面白い。

最新作はシリーズ40周年の第20作ということで、一段とリキが入っており、北朝鮮にスポットを当てたため、偶然、ホットな話題になったけれど、例によってリアリティはない。

その北朝鮮にボンドは潜入するが、将軍の息子の暗殺任務に失敗。投獄され、拷問に耐えたのに、人質交換という不様な形で生還。さらに、裏切り者の烙印を押され、上司のMからも見捨てられ……と、最初の設定からして新機軸。一匹狼となったボンドは、身の潔白をはらそうと、キューバからロンドン、アイスランドへと敵を追ってゆく。

この間、アクションはてんこ盛り。極寒の地でクライマックスかと思いきや、さらにスペクタル・アクションが待っているという、リー・タマホリ監督の演出も剛速球。記念作らしく、過去の秘密兵器をチラリと出すファン・サービスもにくいが、有名なシーンの再現で登場するジンクス(ハル・ベリー)のキャラが説明不足かと思ったら、彼女が主役の映画が作られるとか。ちょっと減点。(高橋良平)

丸の内ルーブルほか全国松竹・東急系にて公開中

[eiga.com/3月11日]

映画.com(外部リンク)

2003年3月11日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ