ここから本文です

悪魔の呼ぶ海へ (2000)

THE WEIGHT OF WATER

監督
キャスリン・ビグロー
  • みたいムービー 9
  • みたログ 80

3.00 / 評価:21件

か弱いようで、今にも激情が溢れ出そう

  • jun******** さん
  • 2012年5月26日 15時47分
  • 閲覧数 546
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

1873年に実際に起きたSmuttynose Islandでの移民女性二人の惨殺事件を題材にしたAnita Shreve の小説、“The Weight of Water”を映画化した作品。

100年以上前の事件を追うカメラマン、ジーンは夫と、夫の弟カップルと共にSmuttynose Islandに向かう。しかし、調査をしていくうちに自分自身の生活についても様々な疑念に取り付かれ…

19世紀の世界と現代の世界が並行して、悲しき協和音を奏でていく。
兄への想いを断ち切るため老人と結婚させられ、島で孤独な生活を強いられる薄幸の女性をサラ・ポーリーが体現。か弱いようで、今にも激情が溢れ出そう…この危ういさまの表現がすばらしい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 恐怖
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ