レビュー一覧に戻る
ネメシス/S.T.X

ネメシス/S.T.X

STAR TREK: NEMESIS

117

kak********

4.0

新スタートレック・メンバー最後の劇場版!

SF映画であるが、TVシリーズで輝かしい実績を残した スタートレック劇場版で”新スタートレック”のメンバー による最後の作品でもある。 パトリック・スチュワート扮するピカード艦長は「X-メン」 のプロフェッサーX役でも知られ、信頼できるリーダーを 演じると物語が引き締まるほど貫禄がある。 物語は、例によって宇宙の悪者相手の困難な戦いが待っている のだが、このシリーズが長きにわたって愛されてきたのは、 戦いが中心のSF映画ではなく、人間ドラマとしての要素が 強いからだ。 今回は人間とクローンの対比や、同系のアンドロイドに同じ データをインプットした結果はどうなるか?などの興味深い テーマを提供しながら、人間味溢れるドラマが展開する。 監督は、カート・ラッセル主演「エグゼクティブ・デシジョン」 やトミー・リー・ジョーンズ主演「追跡者」などで手に汗握る 展開を演出したスチュアート・ベアード。 脚本は、ガイ・ピアーズ主演「タイム・マシン」で説得力ある SF映画に仕上げたジョン・ローガン。スタートレックの集大成 とも言うべき作品に相応しい出来に仕上げている。 それにしても、”向上する意志こそ人間の証”と、DNAが 同じクローンを明確に区別したり、”志をともにする仲間が 家族”と宇宙船のスタッフも家族の一員と同じく定義するなど 教訓もさりげなく含まれ奥が深い。 接近戦では戦争映画の名作「眼下の敵」の一場面に似た作戦も 出てくるのも興味深い。 スタートレック”ヴォイジャー”ファンなら地球に帰艦して 艦隊司令部提督となった”U.S.S.ヴォイジャー”ジェーン・ ウェイ艦長が出てくる通話の場面も懐かしく感じるに違いない。 劇場版なので、TVシリーズを見た人も見ていない人も楽しめる 内容になっている。壮大なSF娯楽大作を、思う存分味わって ほしい。

閲覧数810