ここから本文です

トリプルX (2002)

XXX

監督
ロブ・コーエン
  • みたいムービー 91
  • みたログ 2,406

3.37 / 評価:596件

トイレに行く時間を与えないアクション映画

  • hoshi595 さん
  • 2019年12月1日 5時09分
  • 閲覧数 1311
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

冒頭から、車を盗むのにそこまでやるの?といったアクションが炸裂し、ノンストップ劇が始まる。「ステルス」や「デイライト」を手がけたロブ・コーエン監督が、「トイレに行く時間を与えない」映画にしたかったと言うだけあって息つく暇もなく最後まで突っ走る。

物語は、ひょんな事からスパイにスカウトされる男が大活躍するのだが、「007」を意識したような展開だけでなく、秘密兵器も負けていない。
主演は、「リディック」シリーズや「ワイルド・スピード」シリーズでお馴染みのヴィン・ディーゼル。不屈の男を演じたら第一人者の真骨頂が発揮される。

ヒロイン役には、「サスペリア」の監督で知られるダリオ・アルジェントの娘アーシア・アルジェント。悪役には、「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのケレボルン役を務めるマートン・チョーカシュ。そして「スター・ウォーズ」シリーズのメイス・ウィンドウ役で知られるサミュエル・L・ジャクソンと役者が揃った。

とにかく、理屈抜きで楽しめるアクション映画で、スーパーヒーローを見てスカッとしたい人には最適な作品に仕上がっている。本作品が成功し続編「トリプルX/ネクスト・レベル」が作られたが、主演はアイス・キューブに変わり興行的にも今一つだったようだ。そこでシリーズ第3作の「トリプルX:再起動」で文字通りヴィン・ディーゼル再登場となった事は素直に喜んでいいと思う。

共演では、「マチェーテ」で初主演を務めたダニー・トレホも出ていたが端役止まりだった。彼のような強烈な個性がある俳優では、主役も霞んでしまうこともありやむを得ない起用かもしれない。面白いアイデア満載だから、トイレは済ませて鑑賞することをお勧めします。監督も喜んでくれるに違いありません。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • スペクタクル
  • 勇敢
  • セクシー
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ