ブロンド・ライフ

LIFE OR SOMETHING LIKE IT

103
ブロンド・ライフ
2.5

/ 100

5%
13%
32%
27%
23%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(24件)


  • zoz********

    2.0

    惜しい!

    話の内容としては有りだけど、もうひとひねりほしいかな。 金髪に憧れた少女が勝ち組に憧れて努力するも、本当の幸せとは。に気付き進むストーリー。 死ぬ前に後悔ない人生を。と伝えたいのだと思う。

  • ike********

    3.0

    理想の自分と本当の自分

    主人公的には理想ではこう生きたかったってのがあって失恋を境に努力して生きてきたけど本当の自分は違うところにあって理想的に生きるのに疲れちゃったから死ぬかもしれないってのを境に自分の思い通りに生きるよって話

  • jun********

    4.0

    ネタバレ邦題が残念

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • b10********

    3.0

    ネタバレ人間ドラマ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mik********

    1.0

    ネタバレ深みがあるかと…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • いやよセブン

    3.0

    金髪のアンジェリーナ・ジョリー

    プラチナブロンドのアンジェリーナ・ジョリーは高級マンションに住み、婚約者は大リーガーのスター選手、テレビのリポーターをしていて、ニューヨークのキー局を目指している。 あるとき、ホームレスの怪しげな預言者から、あと一週間で死ぬと宣告される。 信用していなかったが、そのほかの予言がすべて当たり、不安が増してくる。 最近のアンジェリーナ・ジョリーはちょっと怖い印象だが、この作品では可愛く、達者な演技を見せている。 ホームレスの預言者は名探偵モンクのトニー・シャルーブ。

  • sat********

    3.0

    ネタバレどんなけかわいいか忘れてた!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • lov********

    5.0

    アンジーわ狂った役が多いね

    アンジーの映画すきで めっちゃ攻めてるんですが 昔の映画は結構狂った役が多い。 この映画はちょこっとだけやったけど、 でも、きっとそれは そんな演技ができることがすごいと思った あたしはこの映画スキだな。 ストーリー的には結構あリきたリだったリするけど でも、大切なものとか時間とか 大切にしたいって思った。 一日一日を大切に生きるなんて そんな夢みたいな事は実際できないし、 後悔の連続だったリもするけど それでも、自分に正直に 大切な人を大切に生きていきたいって思った。 アンジー綺麗やし素敵でした。

  • hap********

    1.0

    アンジェリーナは・・・

    ただ単に金髪にしたかっただけなのでは・・・・・? ただのラブコメでした。いや、コメディ部分はあったかな・・・? ラブも中途半端だし、タイトルの意味もわかりませんでした。

  • oce********

    2.0

    笑えない予言

    浮浪者であり予言者のような男。 この男に余命一週間と宣告されるリポーター。 他の予言が次々的中していき、残るは最後の予言のみ。 余命が分かり人生を見つめ直すというドラマだが、中途半端なコメディの形を採ったのが失敗だ。 途中ローリング・ストーンズの「サティスファクション」やらリンプやら、新旧入り乱れた音楽は楽しい。 ただアンジーの金髪はやはり似合わないし、予言の結果も中途半端と言わざるを得ない。 あの預言者も最後まで観れば結局金儲けのためじゃん(笑)

  • iik********

    3.0

    中途半端かな~

    正直そんなウキウキワクワクするようなお決まりなラブコメでもなく…ただ彼女が珍しく歌を歌ってます(笑)

  • gre********

    3.0

    ネタバレブロンド・ライフ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • aki********

    4.0

    アンジーに金髪は似合わない

    それからハイヒールもデザイナー・スーツも似合わない。そのミスマッチ感覚をうまくいかした映画で、アンジェリーナ・ジョリーはこんな普通のコメディ演技も達者にこなすのよ、というところが見所。 おすすめしたい作品です。

  • ros********

    2.0

    ネタバレすべてがいまいち・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • woo********

    4.0

    似合わないの解ってやってるんだろうな・・

    カツラみたいなブロンドも お洒落にセットしていると似合わないけど セットしていない頭で スッピンで 野球帽をかぶって 民衆と、はじけて野外ライブしてしまう アンジーは、かなり好き。 全てに満足している 地元テレビの美貌のキャスターが 自分の殻を破ったあとに 見せた素顔だ。 なにもかも うまくいっていて 自信満々だったのに ホームレスの自称予言者が言った 『一週間後にあんたは死ぬ』 が、頭から離れない。 幼少時代は冴えなくて きつい姉からはいつも 『おでぶちゃん』と呼ばれて 蔑まされていた。 そんな姉との関係は キャスターとして成功した今も変わっていない。 実家に帰れば 素の自分に戻れるはずが 姉の心無い一言で 心にぽっかり穴が開く。 高飛車を装っていても 大切な人には本音が言える・・ はずなんだが 普段があまりにお高いから つらい事なんて、悩みなんて ないんじゃないかと思われてしまう。 大人気のプロ野球選手を恋人に持ち 憧れのメジャー系のキャスター(ストッカード・チャニング)と 共演できたり NYでのデカイ仕事が回ってきたり 全て 順風満帆がニクイくらい。 そんな彼女が 生きる事に自信をなくした。 来週には、何かで死んでしまうかもしれないから。 人間って 窮地に立たされると 変わるんだね。 九死に一生を得た後も。 そして、パートナーに対する見方も、 家族に対する見方も変わる。 人に優しくなり 自分をもっと大切にするようになる。 普段、ビックオーラしか 見えないアンジーだけに このラブコメでは アンジーの涙目や 意外で可愛い面がたくさん見れる。 エドワード・バーンズの アンジーを見守る切ない顔も。 しかし、出勤前のジム。 ゴージャスマンション。 運動後のミネラルウォーター。 ガッチリ戦闘服と顔に着替え カッカッカッと出勤。 かっこいいな~・・・

  • gar********

    2.0

    ネタバレどうした!?

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kak********

    2.0

    アンジェリーナ・ジョリー初コメディ主演作

    いつものアンジェリーナ・ジョリーそのままに、髪の色をブロンドにしただけで面白い映画になるのだから、コメディ役者も彼女に脱帽するしかない。 はっきり言えば、ブロンドは似合わないのだが、そのミスマッチが面白さを演出している。それにTV局のレポーター役も似合わないし、似合わないままで恋愛するのも可笑しくなるのだから、異色のコメディと言っていいかもしれない。 監督は「三銃士」のスティーヴン・ヘルクであり、コメディとは縁がなさそう思える。カメラマン役のエドワード・バーンズは「フライト・オブ・フェニックス」では脚本を書いている。 他にもTVシリーズ「スターゲイト」のアマンダ・タッピングや「24」で頼りない大統領役を好演したグレゴリー・イッツェンなど、バラエティに富んだキャストが揃っている。 私生活でも精神的な豊かさを重んじるアンジェリーナが二つ返事OKしたという本作品は、彼女にとってはコメディではなく大真面目な映画なのかもしれない。 そんな彼女のメッセージが強く伝わってきて、観る人を勇気付けてくれるのがこの映画である。

  • 3.0

    勝ち組イケイケ完璧生活

    テレビレポーターのレイニーは、思い描く通りの完璧な生活を送っていた。ところが、ホームレスの預言者に「来週の木曜日に死ぬ」と言われたことから歯車が狂い始め・・・そして・・・・・・というお話。 アンジーがラブコメ?かなり心配しちゃったけれど、OK!でしたね。特にタカビーな生活のところは、まるで“素”に見えました。もちろん“素”は知らないけれど、私が想像するアンジーそのもので、かなり笑えた~。ブラピもこんな風に振り回されているんだろうな、テレビ会の内幕も見られます。なんだかワイドショー好きなオバサンになってるーーーーーー。 お気に入りのエドワード・バーンズだから見たんです。「ホリディ」と同じような感じ。主演はキャメロン・ディアスでもよかったのでは。でもキャミーだと砕け過ぎちゃうかもね。彼のかすれたような声が好き。愛の告白の台詞は保存版にしたいくらい。背も高いんですね。イイわ~~~。 コメディの割にはシリアスチックな姉妹の葛藤や父娘の関係が、ちょっと重かったかな。なくてもよかったのでは・・・なかったほうが・・・・・・。 プロ野球選手役の彼、かわいいです。 ベテランレポーター役のおばさん、怖いです。 助手?の彼、ウディ・アレンに似てます。 言葉遊びの様なセリフがツボ。英語が喋れないのがツライです。翻訳する人ってすごいね~。 あと一週間の命だったら?そりゃぁお金があれば好きなことしたいけれどねぇ。イケメン三昧とか。まぁ、いつも通りに暮らしたいかな。それで、スッと消えられるのならイイなぁ。

  • sazae

    4.0

    ネタバレプラダを着た悪魔っぽい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • マッチー

    4.0

    もし、1週間の命だったら・・・

    テレビ局の花形女性リポーター、レイニー(アンジェリーナ・ジョリー)が主人公。 仕事も充実、住まいもファッションもお洒落で、恋人は人気メジャーリーガーと 全てが理想的で、完璧な生活を送っていました。 ところが、ある日レポートした街角の預言者(ホームレス)によって 「お前はあと一週間で死ぬだろう」と宣言されてしまいます。 はじめは信じていなかったレイニーも、次々に預言が当たるにつれ、 それまで完璧だと思っていた彼女の生活が、急に味気ないものになってしまいます。 そこで、彼女は『本当の生き方』に気付くのですが、残された時間はあとわずか。 はたしてレイニーの運命は? といったハートフルなコメディーです。 もし自分がこんな宣告をされたら、一週間で何が出来るだろうかと、 ちょっと不安になったり、 普段は見えていない、『当たり前のコト』が身の周りに、 どれだけあるのか考えるきっかけもくれたりしました。 いつものアンジェリーナ・ジョリーと違って、今回は『ちょっと弱くて』 『まぬけなところ』もあったりして、新鮮さも楽しみ所です。 しかし、どうしてアメリカ人(だけに限らないけど)の作る作品では、 『バツ一』の男がいい男の設定が多いのでしょう? 普通に考えれば、1回目の結婚生活で、『何らかの問題』があったからこそ 別れたハズで、その『何らかの問題』が、次の付き合いまでにキレイさっぱりと 解消されているなんてコト、あるんでしょうか? 世の中、未婚の『いい男』もいっぱいいるってのに。(←独り者の悲痛な叫び)

1 ページ/2 ページ中