インソムニア

INSOMNIA

119
インソムニア
3.4

/ 734

11%
30%
45%
12%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(121件)


  • hik********

    3.0

    これで、ようやく眠れる…

    これを豪華キャスト・スタッフと言わず何というくらい、錚々たるメンバーが集結したサスペンス映画。 照りつける太陽と、精神的に追い詰められる刑事をぼろぼろに熱演したアル・パチーノ。 コメディアンのイメージを完全に封印し、「ストーカー」に続いて怪演を見せた名優ロビン・ウィリアムズ。 真実と尊敬の間で葛藤する女性刑事は、ヒラリー・スワンク。 素晴らしいキャスト3人が織りなすドラマは、見事なアンサンブルを奏でていた。 何日もインソムニア(不眠症)に苦しめられてきたドーマーは、ラストで全てを認め受け入れ、ついに心が解放される。 そのとき、真の意味で眠りが訪れたのである。 眠りを、救いのメタファーとして表現した、渋く秀逸なサスペンスである。 オリジナル版は未鑑賞。

  • ech********

    4.0

    通常取扱スリラー

    話の展開が独特ですが、映画的にもう少しスリラーが欲しいところです。 この監督人気」ありますが、特段特徴が感じられないです。 二大盟友はさすがの演技、両社ともかなり屈折した困難な役柄ですが。

  • カーティス

    3.0

    ロビンウィリアムズはミスキャストだと思う

    白夜のアラスカを舞台にしたサスペンス映画。殺人犯を追う過程で誤って同僚を銃殺してしまった敏腕刑事。罪の意識と不眠症から徐々に衰弱していく彼の元に、殺人犯が電話をかけてきて…というストーリー。 アル・パチーノ、ロビン・ウィリアムズ、ヒラリー・スワンクという三大オスカー俳優が共演していることに惹かれて鑑賞。とくに期待していたのが殺人犯役のロビン・ウィリアムズ。普段善良な役を演じている彼が悪役をやったら、すごく怖くなるんじゃないかと興味津々でした。 しかし、蓋を開けてみるとアル・パチーノの独擅場状態。本作のアル・パチーノは本当に素晴らしくて、脛に傷を持つ敏腕刑事を熱演。彼が不眠症で弱っていくところが本作のハイライトといってもいいくらい。個人的に好きなのは、フェリーで殺人犯に出し抜かれたときのリアクション。間が抜けているのだけど、寝てないとこうなるよな…という説得力があって印象的なシーンでした。 アル・パチーノの影に隠れてはしまったけど、ヒラリー・スワンクも良かったです。作品の良心というべき新米警官を好演。その生真面目さが、陰鬱な作品の清涼剤になっていました。 期待外れだったのがロビン・ウィリアムズ。人の好さを隠しきれていなくて、凄みがありません。殺人を犯しておきながら自ら刑事にコンタクトをとるような大胆不敵な役なのに、何をしでかすかわからない不気味さがまるでないのです。ロビン・ウィリアムズは素晴らしい役者ですが、悪役には向いていないのだなと思わざるを得ませんでした。 内容についてはうまくまとまっていると思いますが、気になった点が一つだけ。主人公の過去が終盤まで隠されているのですが、早々と明かしてしまった方が得策だったと思います。どんでん返しになっているわけでもなく、むしろ主人公への感情移入を妨げてしまっていると感じたからです。そこはちょっと残念だったかな。

  • swi********

    3.0

    面白かった

    ヒューマンドラマとして面白かった 近年のノーランのディーーープさは感じなかったが、良かった

  • s**

    4.0

    ネタバレ白夜が照らす真実と罪

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • Hamlet

    4.0

    ネタバレ正義と悪が交差するノーランの善悪の彼岸

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yok********

    4.0

    ラストまで主人公がどんな人物か分からない

    主人公の人となりがモヤっとしたまま話が進んでラストになるほどと思わせる構成でした。面白かったです。ロビン・ウィリアムズが演じる役が怖かった。

  • can********

    5.0

    使命感、そして絶望

    大好きな作品で何度も観直しているのですが、見る度に辛くなるのに何度となく観てしまいます。 アカデミー俳優そろい踏みの重厚なキャストに稀有な原作、そしてもちろん作品として素晴らしいのはもちろんですが、私を惹きつけているのは使命感から行った行為が結局間違いであり、自らの身を滅ぼしていくという絶望感です。 家族のため、会社のため、そして国のため.....。 人ってそろぞれ何かしらの使命感を果たすため、頑張っていると思うんです。 それが誠実な人であればあるほど。 それがどこで間違ってしまったのか、使命感を果たすためにやってはいけないやり方でそれを実現しようとしてしまう。 気が付いた時にはもう遅く、わかっていながら自らを正当化することしかできない自分。 その過ちに周囲も気が付き始め、寵児から一転糾弾の対象に落ちてゆく自分。 「誰かがやらなきゃいけなかったんだ!」 この言葉が出る時、そこにはもう絶望しかありません。 そういう「絶望」を抱えながらも果たさなければならない「使命感」とは一体なんなんでしょうか? どなたか教えてくださいませんでしょうか.......。

  • cor********

    5.0

    追いつめて、追い詰められていく

    アル・パチーノとロビン・ウィリアムズの演技合戦が見所な作品です。 お互いをけん制し合いながら、追いつめようとして、逆に追い詰められていく様子が見ててハラハラします。 特に白夜の影響で日に日に憔悴していく様子の演じたアル・パチーノはやはり名優です。

  • bat********

    3.0

    ネタバレモヤモヤな雰囲気を楽しむサスペンス映画

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • luc********

    3.0

    眠らない街

    極悪を罰するなら、純粋な正義では敵わない。 いいか?悪いか? いいんです。 アラスカの湖畔にヒーロー散る。

  • lov********

    5.0

    「静寂を取り巻きたる渋さ」

    まるでその町の、その事件に関わりのある人物でしか世界が構成されていないような、そんな錯覚に陥る。 極めて静寂な展開は、視聴者へ柔らかな抱擁を施してくれるのもつかの間、その抱擁に都合良くも慣れ親しんだ者には、一時の快楽とともに、引き摺りゆく虚無が投げつけられる。 インソムニアとは“不眠症”のことである。 舞台であるアラスカの片田舎は白夜の時期であり、当分の間、太陽の恩恵を無理矢理に被らなければならない。 これは、この現象の体に染み付いていない人間にとって、厄介な話だ。 暗くなれば眠気が誘い、その誘惑に身を投じる、そんな日常的な反射作用が通じない訳である。 この反射作用の行使できぬ事による副作用が、今作を終始取り巻いている絶妙な“渋さ”への演出を引き立てている、そう感じ得たのは私だけであろうか。こちらまで、深い眠りに陥ってしまうような感覚に晒されてしまう。 ストーリー展開はここに書くまでもない。特段、注視すべきような箇所もない。 ただ一点、面白いとか、面白くないとか、そんな杓子定規で語れるような作品でないことは理解しておいて貰いたい。 他レビュワーも書かれていたが、これをカテゴリー分けするなら「大人な映画」だ。 家族の団欒の最中に見るようなものであったり、友人との尊い時間の最中に見るものであったり、無論、彼氏・彼女の間柄である人物と共に見るようなものでは無い。 これは一人、混沌とした暗さの中、ウイスキー(アイラ推奨)を片手に虚ろな儘で見る映画である。 そしてその時間は、人生の何にも勝る幸福の瞬間であると、私は固く信じて止まない。 (P.S.) ロビンウィリアムスとアルパチーノとの掛け合いを見るだけでも、十二分に一見の価値がある作品だ。 まったく、惜しい人を亡くしてしまった。

  • dkf********

    3.0

    静かなサスペンス

    クリストファー・ノーランの本格的なハリウッドメジャーのデビュー作。この後の「バットマン・ビギンズ」でブレイクする前の作品のせいか、失敗しないことを最優先に考えたように手堅くまとめた印象。 個人的には、アル・パチーノが不眠症で苦しむ描写が物足りないと思ったし、この映画の「売り」のひとつであったロビン・ウイリアムスの悪役ぶりに、怖さ、凄みが足りないように思う。そこはこの2人の演技力の問題ではなく、演出とキャラクターの描き方の問題であるため、まだ新参者であるノーラン監督が大名優に遠慮?したのかもしれない。 結果的にこの手堅い演出がこの静かなサスペンスの雰囲気にはよく合っていて、むしろ成功しているといえる。本当は★3.5くらいかな。

  • tak********

    4.0

    閑静な映画

    天才クリストファー・ノーラン監督の映画にしては、派手なシーンもなく静かな映画。 出演者が豪華で、実力をしっかり発揮しているので面白くないわけがない。 白夜のせいで不眠症になったアルパチーノと、知的な殺人鬼ロビンウィリアムズの対決がメインだが、終盤で「なるほど」と思わされる。ラストのアルパチーノのセリフが物語全体の伏線を回収していて、とても良い。

  • はる

    3.0

    名優の共演

    大好きなアルパチーノと大好きなロビンウィリアムズの共演作品ということで観ました。 アルパチーノがだんだん追い詰められて行く演技は流石としかいいようがない。 ロビンウィリアムズのサイコ演技もとても良かったです。 最後水に沈んで行くシーンには目が釘付けになりました。 名優同士の共演は素晴らしかったです。

  • joe********

    4.0

    寒そう

    いつものアル・パチーノ大暴走かと思ったら 意外に落ち着いてた この手のテーマを日本がやると もっとバタバタしたものになるけど さすがハリウッドの手練れがやると いい感じになるね ロビン・ウイリアムズをぶつけたのも いいアイデア!

  • sxi********

    4.0

    大人の映画

    静かで、雄大な景色と音楽を楽しむ大人のサスペンス。 ガチャガチャした雑音の無いまま、人間の内面を全体的にゆっくりとした雰囲気のまま進み抜く。明るい映画では無いけど、辛くも無い。善悪の判断が鈍って行く、それと同時に眠気も募って行く。 実際に途中でウトウトしました。

  • yan********

    3.0

    ネタバレなかなかないドキドキ感

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jir********

    4.0

    正義とは何ぞね?

    法治国家に住んでる者だったら、その国の法律が絶対的ルールだよ、でも人間のやる事だし、その法も万全じゃないから警官とかやってると葛藤があるんだよね。 と、いうお話しです。 面白いけど傑作にまでなってないのは、その正義の矛盾、人間の葛藤の部分が弱かったから。 問題定期がありがちだった。 まぁ・・・ね、でも、昔からよく見るテーマだからね、というレベルだったからだと思う でも、尊敬されてると思ってた相手の小娘とヤリたくて高価なプレゼントたくさんして、やっと機を見てキスしたのに、爆笑される辛さというのは自分には経験はないが同情できた。 めっちゃくちゃ恥ずかしかったという事ね。 殺害動機が、照れさすな、は良かったと思う。 オチも、これしかないかな、と言った感じの予定調和の範囲内だったので心は動かなかった。 天才バカボンに禁煙の回というのがあって、煙草をやめれない相手に最後バカボンのパパが煙草の代わりにダナマイトをくわえさせて、そのまま爆発して死んで 「これで永遠にタバコ吸わなくてすむのだ」 と、いう乱暴なオチの回があったのだが、それと同じオチだった。 その後に、これでいいのだ、とつく天才バカボンの方が一枚上かな。

  • mdw********

    3.0

    ネタバレクリストファーノーラン監督

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/7 ページ中