ここから本文です

チェンジング・レーン (2002)

CHANGING LANES

監督
ロジャー・ミッシェル
  • みたいムービー 46
  • みたログ 1,331

3.17 / 評価:429件

イイハナシダナー

  • nop******** さん
  • 2019年11月19日 21時57分
  • 閲覧数 1823
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

映画の良し悪しを決める要素ってのは色々ありますが、この作品の場合は脚本ですな。主演俳優2人が惚れ込んだというのも分かります。

 ベン・アフレックはこの手の役が良く似合う。エリートなんだけどだらしない、みたいな。ゴーン・ガールとかもハマってたもんな。少し間抜けな感じが自然と出てるというか。

 サミュエル・L・ジャクソンも作品選びが上手いよなあ。いい作品にばっかり出てる。こういう役だと演技の巧さがよく分かるね。

 普通の人間をしっかり描いてるから、引き付けられるんだな。2人とも聖人君子でもなければ極悪人でもない。ボタンの掛け違いで嫌がらせの応酬合戦。一方が良心に傾いて反省したかと思えば、もう一方が悪意を思いっきりぶつけてきて泥沼状態に。両方ともどん底まで堕ちていくから、最終的にどうなるんだろうとハラハラする。

 ベン・アフレックに対しては物申したくなる人もいるかもしれませんが、私は断罪出来ないなあ。この2人を責めることが出来る人は、よっぽど潔癖な善人か、或いは偽善者か、どちらかでしょうね。

 結末にも納得。ハッピーエンドにするべきかバッドエンドにするべきか。救いのない終わりにするのがリアルで望ましいってわけじゃない。ちゃんと意義のあるハッピーエンドになってるのがよかったですね。

 別に大金が手に入るとか仕事が成功するとか、実利的な幸福ではなく、人としてまっとうであろうとする方向での明るい終わり方。サスペンス満点でドキドキさせておいて、ハートフルに締めくくる。最高です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ