ここから本文です

天国の口、終りの楽園。 (2001)

Y TU MAMA TAMBIEN/AND YOUR MOTHER TOO

監督
アルフォンソ・キュアロン
  • みたいムービー 212
  • みたログ 977

3.71 / 評価:191件

子どもと大人と死

  • ele***** さん
  • 2015年5月22日 5時33分
  • 閲覧数 2678
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

 やんちゃ盛りの少年テノッチとフリオは、従兄の妻であるルイサを、「天国の口」という素敵なビーチがあると下心まる出しの嘘をつき、旅に連れ出す。
 テノッチとフリオにとっての旅の目的は、ありあまる好奇心へのエネルギーをはきだすためのものだったが、ルイサにとっての目的は、死を迎える準備のためのものだった。
 旅を通じて少年たちは、感情や欲望をむき出しにしている。そんな彼らを見て、ルイサも少しずつ自分の感情を露わにしていく(ように見える)。少年たち、またその視点を通してみている自分は、ルイサをどこか上から見ていたからこそ、彼女が死という自分たちより先のステージに向かっていたのだということを知って面食らってしまった。
 旅の終わりに少年たちはある感情に気付くが、その感情に向き合うことはなく、元の生活に戻っていく。

■全編を通して裸や脱ぐシーンが多いのは、解放される、あるいはされている状態であることを見ている人に強烈に印象付けられるからだと思いました。

■陽気な劇中の本人とはトーンがちがうフリオのナレーションは、思い返してみるとドライブ中に目にする死について語ることが多かった。これは大人になった彼の回顧だったんだなと終わった後に気付いたことで、映画の余韻が長く続きました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ