メルシィ!人生

LE PLACARD/THE CLOSET

84
メルシィ!人生
4.2

/ 113

39%
45%
14%
0%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(39件)

笑える20.0%楽しい19.3%コミカル17.9%知的6.4%切ない5.7%

  • dkf********

    3.0

    好みを選ぶ王道フレンチコメディ

    フランスのコメディ映画は決してドタバタ物でもおバカ物でもなく、しっかりストーリー中心で笑わせてくれるものが多く、これもその一本。 リストラされるのを回避するためにゲイになりすますという作劇的な設定の中に、家族崩壊、ジェンダー差別などの社会問題を上手く散りばめて、クスッと笑わせるこのテイストこそが王道フレンチコメディ。主人公の勤務先がコンドームの製造会社ということもあり、下ネタもほどほど。中でもコンドーム帽子のセンスは画的なインパクトが最高だし、アノ場面を「あれが品質検査です」のセリフで笑わせてしまうセンスが素晴らしすぎる。 何気にフランス映画界オヤジ俳優オールスターズ的な豪華キャストが競演しているのも見どころで、皆んなが嬉々として演じているのも微笑ましい。 ただ全体的にストーリーはよくできているもののコメディとしての爆発力は薄く、笑いどころはあまりない部分を視聴者がどう受け止めるかによって評価が分かれるはずだ。

  • ピニョン

    5.0

    みたらほっこり元気になる。

    リストラされそうになった時に、ある助言により、回避! その後の展開もおもしろいです。これはよくできたコメディです。  キャストが豪華です。特に、脇ですがドパルデューがいい味出しています。

  • chouchoutte

    5.0

    もう笑

  • カッチン

    4.0

    ★3つ半…

    ★3つ半です(^O^) 面白いことは面白いけど…特に感動もなく…どうもゲイ内容でブラックジョークんも今一つに感じました。。。

  • fg9********

    5.0

    フランスらしい極上のコメディ

     …あらすじは、解説のとおり。  主人公のピニョン(ダニエル・オートゥイユ)はゴム製品(コンドームが一番の売れ筋)を作る会社に勤めて20年になるが、真面目だけが取り柄の陰の薄い存在だった。  オマケに妻にも逃げられ、一人息子からもダメ男と思われている。  そんな最中に、今度は会社でリストラの対象になっていることを耳にする。  こりゃ~もう駄目だと、絶望のあまり自宅のバルコニーから身を投げようとする。  丁度その時、隣に引っ越してきたばかりの初老の男性に声をかけられる。  『飛び降りられては困るんだ。下の道路に停めてある車は私の車なのだ』  この台詞の一言で、この作品は面白いと確信してしまった。  そして、ピニョンはこの男性に今日に至るまでの顛末を打ち明ける。  すると、この男性は、会社を首にならない妙案があると言い、それを実行に移すことにする。  話しが長くなりそうなのでこの辺で止めるが、その妙案とは『ゴム製品』絡みとだけ言っておこう。  この妙案のお蔭で、ピニョンは会社の皆から注目を浴びるようになり、必然的に自信が湧き、自己の存在を確立できるようになる。  一旦そうなってしまえば、自然と皆は寄ってくる。  苛められてきた強面の人事部長(ジェラール・ドバルデュー)からはピンクのセーターをプレゼントされるし、高慢ちきな奥さんにはピシャリと言い切れたし、全く無視されてきた上司の女経理部長からは、『女って、孤独な男を嫌がるものなの!』なんていうセリフを吐かせて好い仲になっちゃうし、ゴム製品絡みさまさまの、いかにもフランスらしい極上のコメディを堪能できた。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
メルシィ!人生

原題
LE PLACARD/THE CLOSET

上映時間

製作国
フランス

製作年度

公開日
-

ジャンル