ここから本文です

メルシィ!人生 (2000)

LE PLACARD/THE CLOSET

監督
フランシス・ヴェベール
  • みたいムービー 102
  • みたログ 425

4.20 / 評価:112件

喜怒哀楽の詰まった素晴らしい映画!

  • aqu***** さん
  • 2014年2月7日 20時33分
  • 閲覧数 910
  • 役立ち度 15
    • 総合評価
    • ★★★★★

この映画に出てくる主人公のピニョンさん。
気が弱そうで、目立たなくてダメ男だと本人も周囲も思っている。
仕事ぶりは実直で勤続20年でもある。
そんなピニョンさんの務める会社はゴム製品(主にコンドームを作る会社)
そこを首になりそうになる。
ピニョンさんは妻に2年前に逃げられ、電話にも出てくれない。
傷は未だに癒えてはいない。
妻と暮らす一人息子にも「パパはダメ男」と無視さている。
そこに「会社をクビ」の話が来たものだから
人生に絶望してバルコニーから身を投げようとする。

その時、たまたま隣に引っ越してきたばかりの初老の男性が声をかける
「飛び降りられては困る、下にある車は私の車なのだ」
そして、子猫を通じて、初老の男性と話しを始める。
とてもスムーズな導入部だ。
このことをきっかけにピニョンさんはこの男性に自分の胸の内を吐露する。

この初老男性は、ただものではない。
「会社を首にならないいい方法」を教え、協力するのだ。
ネタバレになるので、言わないが、この「いい方法」で
ピニョンさんは首にならずにすむ!
そして
ピニョンさんをいじめてラグビー部の監督をしているマッチョ男。
この男からも、気に入られるようになる。
このラグビー監督が笑わせてくれる。

そして、いろんなハプニングが続出するが、ピニョンは会社での周囲からの見方が変わる。
ピニョンに自信が備わり、行動が変わったことで、周りも変化したのである。
最後に記念写真を撮るシーンがある。
初老の男性と出会ったことで、自分を変えることができたピニョンの姿がある。
笑いアリ、涙あり、感動ありの素晴らしい映画だと思った。
見終わったあとに、人をいい気持ちにさせる映画です。
オススメしま~す! ☆5つですぅ!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 楽しい
  • 悲しい
  • ロマンチック
  • パニック
  • 勇敢
  • 知的
  • 切ない
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ