アバウト・ア・ボーイ
3.7

/ 696

19%
41%
32%
6%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(147件)


  • fdn********

    4.0

    半年に一度くらいの頻度で見たくなる

    心が元気になれる映画です。 恋愛映画は、あまり興味のある分野ではないけれど、ヒュー・グラントの出演作は度々見てる。 ハッピーエンドで終わってくれる安心感があるから。 彼は同じような性格の人物を毎回演じてるので、そういう役しかできないというのが実情かもしれない。 でも、そういう状況で毎回の映画をある程度の出来にまとめるのは、それも難しい事だと思う。 普通なら、飽きられて、捨てられるのがオチですが。 そこに、彼の役者としての才能が見られるような気がします。 最後に一つ。 レイチェル・ワイズが凄くキレイです。

  • きゃる

    3.0

    家にも学校にも居場所がないと諦める前に

    少年マーカスは見た目も癖もからかわれる要素があり いじめにも逢うのだけれど唯一の家族、母親には頼れない。 それでも学校に通い続ける強かさは、家族を増やし母を助ける という冒険を実行させた。親ガチャではずれて嘆く前に マーカスみたいに前に向かって進めば人生は変わる、と(略)

  • mov

    3.0

    感動作、ではない

    最初に抱っこする赤ちゃん激かわ。 子供ニコラス・ホルト可愛い。 右の口元がちょっと上がるクセが今でも残っててなんか好き。 ヒュー・グラントの軽さがいい感じ。 お母さんめんどくさい。 エリーに惚れた。 押しつけがましくもなく何がという程ではないけどちょっといいもの見た感。

  • スーザン

    3.0

    ヒュー・グラントのダメ男っぷりがハマる。

    子役時代のニコラス・ホルトもみどころ。 二人のなんやかんやが可笑しく悲しく どんな落としどころが用意されているのだろうと そこまで感情移入できるわけでもないのに 最後まで興味を惹く作品。

  • ame********

    2.0

    寂しかった子供が楽しくなる話

    ということよね なんか締まりの無い終わり方だ

  • rrrr

    4.0

    役者や人物設定、ロンドンの風景も◎

    人物設定やストーリーどれも違和感を感じずに安心して最後まで見れました。キャスティングもよかった。少年役も演技臭さが全くなく、ヒューグラントもハマリ役。ノッティングヒルの恋人より後の作だけど、ずっと若々しく魅力的(ノッティングヒルの方は彼もジュリアロバーツも、魅力半減して見えるのはなぜだろう)。  少年の家でのクリスマスパーティのシーン。ヒューグラントが責められ一旦揉めた後、素敵なジョークで切り抜け、最後は楽しそうな宴が映されたところ、好きだなあ。ここで映画が終わってもよかったくらい。まあその後の展開も面白かったけど。  彼と少年が理解しあうまでがたっぷり描かれた映画を想像してたけど、実際は割とすぐ仲良くなって、そこからが長かった感じです(それも悪くはない)。  イギリス英語が聞ける映画は案外少ないので、個人的に嬉しい。舞台はオールロンドン。ロンドンに馴染みのある方はその辺も見ていて楽しいですよ。ちょっと調べるとお店の名前等、ロケ地みんなわかります。

  • さえばたろう

    5.0

    感動しました。

    母思いの少年と、サイテーだけど根は優しいオジサンとの友情物語。 最後に二人がセッションするところは互いの良い部分が出てて思わず号泣。 大事なのは仲間であるという事を教えてくれる名作。

  • tos********

    4.0

    役者な三人様

    亡き父の印税で自由気ままに過ごしている、38歳独身のウィル(ヒュー・グラント)。うつ病のジングルマザー、フィオナ(トニ・コレット)の息子12歳のマーカス(ニコラス・ホルト)。マーカスは二人をくっつけようと、ウィルの部屋に入り浸るようになる。困惑するウィルと、当初の計画を忘れたようなマーカス。  暗く落ち込みそうなところもあるのに、陽気な雰囲気を保ち、開放的な結末が楽しいです。  ヒュー・グラントとトニ・コレットは、期待通りの役柄で安定した面白さ。ニコラス・ホルトの悩める少年も、上手いと思いました。ニコラス・ホルトは成長し、後に「マッドマックス 怒りのデス・ロード」のニュークス!

  • beautiful_japan_

    4.0

    ネタバレおじさんと少年の友情物語

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • dim********

    4.0

    普通

    グッとくると言えば来るが、大したことはない。 母親とのデュエットやコンサートでのウィルのサポートは微笑ましかったけど。 一人より大勢でいる方が幸せって、お決まりの結論。駄目母と結婚してハッピーエンドというよりはましだけど。 そんなことより、あの男の子が今ではかなりのイケメンになって、過去にはジェニファー・ローレンスと付き合っていたというのに驚く。そして今では1児のパパだそうで、素晴らしいことこの上ない。

  • マクフライエフェクト

    4.0

    最期まで面白く鑑賞できた

    目的がよく分からないまま進んでいく映画にしては、最初から最後まで面白く鑑賞できた。 ふんわりした映画だけれど、面白い。 少し結婚できない男みたいな雰囲気があるような、ないような。 子役が「かわいい」と「ブサイク」の間な感じが、絶妙にマッチしていると感じた。

  • mar********

    4.0

    ネタバレじわじわと感動

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tur********

    5.0

    不思議な魅力を感じた

    先ほどNHK-BSで放映されたものを見ました。今回で二度目の鑑賞です。少し変わった人たちが少し変わったシチュエーションで関わり合って変化していく物語です。この「少し変わった」というサジ加減がミソで、極めて普通の人や明らかな変人が普通すぎる生活や浮世離れした生活を送っている訳ではありません。荒唐無稽な設定や常軌を逸したドタバタが無いので若者には物足りないかもしれません。私にとっては、大人向けの抑えたヒューマンコメディが心地よかったです。放映時間は長すぎず短すぎず、無駄な描写が無くてテンポよく話か進むので間延びせずに鑑賞できます。複雑な捻りや不自然な展開もありません。今までは、こういった作品には3~4点を付けていたのですが、登場人物の一人に自分と似た境遇の人がいて感情移入できたのでサービスのプラス加点です。

  • ぼちぼち

    5.0

    ほのぼの

    ヒューグラントカッコいい! マーカスがいじめられても、真っ直ぐな良い子で良かった。 心が温かくなりました。

  • レモンオレンジ

    5.0

    真性の傑作

    これは遅れてきたニューシネマの傑作だなと思った。 最初はよくある佳作パターンの心あたまる作品かとおもっていたら ことごとく予想をくつがえされた。予定調和と程遠い作品だった。 アカデミー脚色賞のノミネート だったらしいけど納得。 米国映画批評サイトのrottenでは評論家93%と激賞されている。 一般視聴者からは賛否両論。 しかし、この作品は相当によくできた作品だ。 ジャック・ニコルソン主演の「ファイブ・イージー・ピーセズ」の21世紀ヴァージョンだと思う。 とにかく大団円にたどりついたとき、本当によくできた脚本だと思った。 親の印税で暮らす無職の男と母子家庭の少年の話だけど 完全に大人の映画。 トリュフォー風味のニューシネマ作品とでもいうのだろうか? 批評家から激賞された理由はなんとなくわかる。 2000年代前後から、めっきり映画作家の作品が激減したからこそ 一見、家族向きの映画に見えて映画作家の作品であることに感動したからだろうと思う。 アカデミー助演女優賞受賞の女優、レイチェル・ワイズがとにかく綺麗。 当時32歳前後の頃だろう。

  • bat********

    4.0

    ネタバレ前向きで明るい気持ちになれる奥深い作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • miz********

    3.0

    ヒューグラントに騙される(笑)

    ☆3つ。 これはヒューグラントじゃなかったら成り立たなかったかも。 ちゃんと描くとすごく重くなる内容を、軽く描いて上澄みだけを集めてる。 なのに何故かほっこり仕上げられた不思議な作品。 これはひとえにヒューグラントの持つ飄々とした空気感の力じゃないかと。 さすがですね。 ご都合主義、突っ込みどころ満載で、共感できるところがほとんどないです。 マーカスがウィルを選ぶのも不自然だし、マーカスの学校での態度もおかしいし、いじめやお母さんの問題とか、離婚女性たちの状況も軽く扱いすぎ。 本来ならいろいろイラっとしそうなものなのに、何故か見終わったあとによかったねと思ってしまいました(笑) 鑑賞後はいい気持ちになれますよ~。 ちょっと悔しいけど(笑) マーカス役のニコラスホルト君いい味です。 子役から大人の俳優として成功してる数少ない一人ですね。

  • tat********

    4.0

    親の存在を子どもの視線から描く

    子どもにとって親は何にも変えがたいもの・・を実感する。 親を元気付けるため、自分を犠牲にしてでも頑張る姿に感動する。 また、人生一人ではつまらない、みんなで助け合い、笑い合っていくところに人生の醍醐味がある・・・っと感じさせる。 下心いっぱいの独身中年が、偶然出会った少年により生き方を変えてゆく。 最後の演奏会はなぜかホロリとくる。 ーー 2020/03/31 8

  • kaz********

    2.0

    内容がフアフアしてる感じ、とても薄い感じ

    薄っぺらい。 主人公が軽すぎる。 場面場面を主人公のしゃべりのイントロで始めるパターンももう一つ。 悪くはないが、パッとしない映画だった。

  • こうちゃんこ3

    1.0

    虐められ小僧の成長

    少年役の印象がイマイチで引き込まれない父親役も演技臭くてホームドラマ風 わかってて恥ずかしい事をするストーリー展開がわざとらしく 一度見たら削除ですね

1 ページ/8 ページ中