シャーロット・グレイ

CHARLOTTE GRAY

121
シャーロット・グレイ
2.4

/ 176

10%
17%
15%
23%
35%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(34件)

勇敢17.6%切ない15.4%ロマンチック13.2%悲しい12.1%知的9.9%

  • hcc********

    3.0

    頭の古い日本人には理解しがたい謎の行動力

    ケイト・ブランシェットはそこそこ背の高い女優(173cm)で、意志が強くまた知的な雰囲気を持っていることから、こういった役柄にはハマっている。 冒頭やラストでのカチッとした服装が良く似合っており、オーラを感じた。 シャーロット・グレイは汽車の中で偶然出会った人物の紹介でレジスタンス加入を唐突に決めてしまったり、パーティーで出会った男とすぐ寝たりと、序盤はかなり衝動的で理解に苦しむ行動があり、その辺があまり感情移入できない理由だろうか。

  • kam********

    3.0

    何の任務?

    フランス語が堪能だということで選ばれたはずなに、フランスの片田舎に潜入しても関係者はじめ町の人も皆英語で話すのです。それも母国語のように流暢に。 これはとてもとても不自然です。 そして、彼女は家政婦の真似事と偽の手紙を書く以外に何の任務もしないのです。フランスで行方不明になった自分の男をさがす事でいっぱいで、沈黙すべきところで話し掛けたり大事な約束も破ります。 そして半年後にはちゃっかり帰国して美しい衣装を身につけています。 と所々気になりますが、出演者は各々の苦悩を表して見応えはあります。

  • k2b********

    5.0

    ネタバレ戦争ではありません。一人の女性の運命

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • cre********

    3.0

    それほどの脚本ではないが、女優に魅力

    いい女優ですね。 それだけで、飽きませんね

  • 名無しの権兵衛

    3.0

    キャスティング

    ケイトブランシェットが上手い

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
シャーロット・グレイ

原題
CHARLOTTE GRAY

上映時間

製作国
イギリス/ドイツ/オーストラリア

製作年度

公開日
-