ショウタイム

SHOWTIME

95
ショウタイム
3.0

/ 215

8%
14%
47%
26%
5%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(39件)


  • 一人旅

    4.0

    デ・ニーロ&E・マーフィの痛快コンビ

    トム・デイ監督作。 ウィル・スミスが製作総指揮に名を連ねたアクションコメディで、ひょんなことからコンビを組むこととなった刑事&巡査の奮闘をコミカルに描いています。 ロス市警の硬派なベテラン刑事:ミッチとハリウッド俳優に憧れているお調子者の巡査:トレイが、ある事件をきっかけにコンビを組む羽目になり、巷で暗躍している違法銃器の製造密売人を相手に攻防を繰り広げていく様子を描いた王道的なバディアクションコメディですが、二人の捜査模様をTV局が密着取材するという“警察24時”的なシチュエーションが新たな試みとなっています。 テレビカメラに捜査の一部始終を同行撮影されながら、非道な銃器密売人の男に迫っていく凸凹コンビの活躍をコメディタッチに活写したポリスアクションで、ロバート・デ・ニーロ扮するミッチとエディ・マーフィ扮するトレイの対照的性格の即席コンビが織りなすコミカルな掛け合い&共闘が愉しさ満載の娯楽映画となっています。 ウォルター・ヒルの『48時間』(82)から本格的な歴史が始まったバディ物に、視聴率稼ぎに躍起になる現代メディアの執念と暴走を大々的に絡めて描いた痛快アクションコメディで、劇中のエディ・マーフィの台詞には自身が出演した『48時間』のオマージュまで盛り込まれています。

  • なんかおくれのおじさん

    3.0

    たまにはこんな映画も有り

    18年前の映画。 GYAO!にて視聴したけれど 今まで見た記憶が無いからおそらく 初見。 それ位に大した内容も無くてアクションもそれなりな感じ。 まぁ見所はロバート・デニーロと エディ・マフィの共演くらい。 内容はよくあるベテラン刑事と 刑事に憧れる制服警官のバディもの。それ以上でもそれ以下でもなく テレ東の午後のロードショー辺りで 放送される何本かの内の1つ、そんな感じ。ゆる〜く見られる暇つぶし映画。 でもそんな映画が見たい時もたまにはあるはず。

  • kus********

    4.0

    豪華二人の主演だけで満足する!

    まあ正直、映画の出来についてはあまりいいものとは言えないけれども…(とてもありきたりなストーリーなのだけどもっとうまく演出すれば楽しい作品にもなり得たのでは…)それさえさておき何をおいてもだ、主演の二人が素晴らしいし豪華だしカッコいいから問題なしと言うか、つまらない内容でも面白くしている! ラスト前のカーチェイスでのデニーロの銃撃戦カッコいい~ 初めはうざ~いキャラのエディが偽の取り調べで犯人のボスを吐かせるところあたりから良くなっていく! 最終的にはやっぱり二人はカッコいい!って感想になりました!

  • JUNJUN

    1.0

    感想

    ロバートデニーロの失敗作です。

  • yap********

    3.0

    ザ アメリカン刑事もの映画

    不釣り合いのパートナーと刑事アクションものといえば、おおよそ 想像がつくだろう、そのまんまの映画だ。 デニーロもさすがよかった。おもしろかった

  • drm********

    3.0

    懐かしの

    青春時代、『ビバリーヒルズ・コップ』や『星の王子様…』で人気絶頂だった エディーさんと青春時代、大好きだった『タクシードライバー』や『レイジングブル』『ケープフィアー』なんかのデ・ニーロさん。 この二人がまさかのタッグを見せるとあり、期待半分、不安半分で鑑賞を始めましたが… うーん…青春時代の補正含めての3点といったところか。 二人ともコメディとして頑張ってはいるけど、往年のキレが全くなくなっていました。デ・ニーロさんの銃の構えは愛嬌なのか、それともお得意のキャラクター設定の上でやっているのか…寧ろわからなくなっていました。 それほどこの作品に対する温度があまり高く見えなかったんですよね。 爆発やアクションもそれなりにあるんですが、ちょっと取ってつけた感が 見えてしまったのは残念でした。 因みにこの後、『ボディヒート/三人目の美少女』というオリジナルビデオ作品を観たのですが、なぜかヤフー映画さんには載っていませんでした。 シリーズ4作あってこの作品のみ、載ってないんですよね…。 是非載せていただきたいのですが…。 評価はもちろん(?)1点ですが…

  • gar********

    5.0

    評価点上げに貢献します(笑)

    大作名作の類ではないハリウッドアクション・コメディの王道娯楽映画ですが普通に楽しめます。私は支持し続けてやります(笑) 米NBCの長寿コメディ番組に出ていサタデー・ナイト・ライブ(SNL)にエディ・マーフィが切掛でハマってしまい、レンタルビデオ店渡り歩いて探してました。 当時はまだVHSでした。DVDというものがまだ無かったですからね(笑) かれこれ20年前くらいですかね(汗)周りの同世代に倣うようにダウンタウンの松ちゃんこそ笑いの神だと思っていた私。 しかしSNLを見て、こんなドギツいネタをテレビでやっていいんだなぁ、と衝撃を受けアメリカという国の文化に対する寛容さをまざまざと見せつけられました。 (因みに松本師匠、その一二年後に「アメリカ人は笑いのハードルが低い」と電波少年で言い切り、彼らを笑わせる企画してましたね・・・(汗)彼の勘違いが具体化し始めました(泣)) エディはSNL卒業後ハリウッドでの役者業にシフトします。 ヒット作もあり、鳴かず飛ばずな時期もありましたが、私は元々彼のファンですのであんまり興行成績は気にしないですかね(笑) ハリウッド映画なので市場は世界です。毒も薄まりゃ演技自体もかなり柔和に仕上がっていると思いますがSNLまだ10代(!)だった彼のスタイルは一貫しているし、押しも押されぬハリウッドスターで有ることには疑いの余地がないです。 ところでデ・ニーロ師匠、彼はもはやコメディ役者が本業じゃないのか、というくらいコメディへの出演率が多くなりました。 やはり曾てのヘビーな作品を臨むファンには失望される事限りなしです。 だが彼自身の制作会社トライベッカフィルムセンターから出される作品は意外と、というか、かなりライトな作品、コメディが多い。 故に私見では彼はデ・ニーロ・アプローチよりコメディの方がしたかったのかな、と最近は思います。 そう言えばアル・パチーノも一番好きな映画をミュージカルコメディの王道「雨に唄えば」と言ってたなぁ。 普通に面白かった。デートや気分転換に良いタイプの映画です。 彼氏彼女と部屋で鑑賞するのも良いと思います。 再度言いますが私はエディもデ・ニーロ師匠のコメディも支持し続けまずぞ。

  • kom********

    3.0

    エディ・マーフィーならでは

    それなりに面白い映画でした。エディ・マーフィーの映画らしい感じ。でもデニーロじゃなくても・・・。デニーロももうちょっと仕事を選んでほしい。

  • nag********

    3.0

    エディ・マーフィの…!

    映画は今まではドタバタながら一本太い筋が通っている喜劇で有りながら感動もある映画と思ってたが、この映画は単なるドタバタのみ! 相手役がロバート・デ・ニーロと豪華だけど、デ・ニーロの渋さだけを利用しただけ! マスコミの悪ノリは今に始まった事では有りませんが、ジム・キャリーのトルーマンショーの様にマスコミに皮肉を効かせるならストーリー的には納得ですが、悪ノリだけで終わったのにはちょっとガッカリしました。

  • nyb********

    5.0

    予想外の傑作

    ここでの評価が低いので、 ほとんど期待していなかったのですが、 平均4点近くでも不思議でないほどの傑作でした。 こういう軽い映画はいいですよね。 大爆笑することはありませんが、 3人の個性的な登場人物の会話は笑えます。 アクションシーンも力が入っていて、 カーチェイスや銃撃戦の迫力はかなりの物! アクションには期待していなかったので、余計に興奮しました。 『ラッシュアワー』系の アクションコメディが好きな人にお勧めです。 ラストの結末も文句なしによかった。 『ストーン』や『ボーダー』みたいな作品もいいけど、 こういう軽いノリで楽しめるアクション映画にもまた出演してほしいです。 あ、あとアル・パチーノともまた共演してほしいな。

  • mak********

    3.0

    いつかありそうで怖い

    今のマスコミの横暴さを見ていると、視聴率のためなら、こんなことまでやりそうで怖いです。 デ・ニーロに大根役者呼ばわりは、なかなか笑えました。 軽くて、TVドラマの乗りに思えました。

  • o9t********

    3.0

    とりあえず煮込みましょう

    カタブツ刑事のデ・ニーロと お調子者で目立ちたがりの俳優志望の警察官エディ・マーフィ。 彼らがコンビを組んでテレビの密着リアリティショーに出演。 これだけで充分です。 だらだらアクションシーンが続いても 切れの悪い会話でも もっと出来るだろ!って思うこと多々あれども うんまあ、これはこれで…と思って美味しくいただきました。 そう、これはスパイスがイマイチ効いてないないカレーなのだ。 素材の良さも判別出来ないほどドロドロに煮込まれちゃったけど カレーはカレーだよ! 腹は満たされるし、一旦諦めるとけっこう美味いよ!

  • kou********

    3.0

    リーサル・ウェポン3、コップキラーの

    エピソードのデチューン版?と思うような話です。 それなりに見れますが、デニーロ作品にしては小粒です。 途中からデニーロがどーよのテルに見えてきます。 下條アトムのエディ・マーフィの吹替は初めて見ましたが、山ちゃんの方が断然いいです。 リーサル・ウェポン3にも出てる、レネ・ロッソは本作でも強い女演じてますが、本作は精神面のみ強い女で格闘技術はないので、簡単に捕まって人質になったりするので、余り魅力的ではないです。 終盤のカメラから弾丸が飛び出るシーンの伏線が、序盤のカメラに弾丸撃ち込むとこなのかな?と思ったりして、なかなか好きなシーンです。 ガッツリと真剣に見る作品ではなく、とても暇な時間の、例えば今日、弱い女子バレーの試合や、イラッとする道重さゆみの1万円生活などの詰まらん番組しかない場合は有効かも知れません?

  • han********

    3.0

    軽い娯楽作品

     感動やメッセージなどはないけれど、すごい贅沢なキャストで作ったただの娯楽作品を観てみたいという人にはたまらないのでは。  作品自体が普通なので(つまらないわけではない)ロバート・デニーロとエディー・マーフィーの存在感でここまで映画の持つ楽しさを引き上げられるという証明になってると思います。

  • ひゅう助

    3.0

    所詮、映画か・・・。

    よくある刑事のバディムービーをパロディした映画でした。 劇中、「ドラマではこうだけど、実際はこうだよ」とR・デ・ニーロが言ってましたが、「それを言うならこの映画も現実的じゃねえよ」、と言うべき。 ちょっと自分でも何言ってんのかわからないけど、まあそういうことで(どういうことや)。 でもそこそこ笑えるし時間も短くてよかったかな。ちょっと時間余ったな、って時に見てちょうどいいと思います。 ☆は3つで。

  • bob********

    2.0

    なんやこれ?

    地上波の深夜で放送していた吹き替え版を録画して見ました。 ロバート・デ・ニーロ、エディ・マーフィという二大俳優が出演していながら この出来は残念。 何度も見ているうちにうたた寝してしまい、 ようやく四度目か五度目で最後まで見ました。 2人の俳優の魅力だけでなんとか最後まで見たけれど、 ストーリーも特に見るべきところも無く、 ありきたりでつまらん。

  • sus********

    3.0

    ノリの悪さが、気にかかる!

    TVの捜査実況番組に出演することになった堅物のベテラン刑事と俳優志望の警官のアクション・エンターテインメント。 主演がロバート・デニーロ&エディ・マーフィという極めて稀有な組み合わせ。 デニーロがコミカルな作品が似合わないというわけじゃありません。 また、エディにシリアスな役が似合わないというわけでもありません。 どうも、二人が同じスクリーン上に居るのが何とも奇妙に思えるのです。 内容は、いわゆる「バディもの」と言われるコンビの刑事が活躍する内容。 「マイアミ・バイス」などと同じジャンルの刑事作品です。 TVの密着ドキュメント番組という設定を背景に、刑事ものをパロディ化することでコメディ作品に仕立ててあるのが特徴。 しかし、出来栄えはイマ一つかな? エディ・マーフィの乗りの悪さと、デニーロのシリアスさが物足りなく感じました。 決して悪い作品とは言わないけれど、二人に期待しすぎたためにチョット不満です。 もっと、気楽に楽しめばよかったかな?

  • nat********

    2.0

    前半はかなり辛かった。

    エディーマーフィーの前半は見ていて辛かった。 いくらなんでもやりすぎでこんなやついないだろうという感じだった。 このタイプの映画にリアリティーを求めても仕方ないんだけど… 途中からテンポはよかったんだけど 何でそんなに急に性格、態度が変わるんだ? と疑問に思ったしもうちょっと悪役を生かす演出をしても よかったんじゃないかなあと感じた。 借りてまで見るもんじゃないですよ…

  • kun********

    4.0

    まあまあ

    設定や主役の二人の演技はなかなか面白くてよかったです。でも悪役が微妙に感じました。なんか中途半端に悪い、よく分からない人って感じ。できれば「レオン」の悪役のように、もっとぶっ飛んだ雰囲気にして欲しかったです。 あと、割と短い映画だったけど、もうちょっとストーリーを欲しかったと思います。 でも、ロバートデニーロとエディマーフィの演技は見ていてとても楽しめたので、この二人だけでも見る価値はあるかなと思います。

  • sak********

    4.0

    realtionship

    This is funny and good movie I think..:) They are opposite to everything.. haha.. But they became very good partner at last. I could understand that people can't admit someone very different so easily. Especialy work togather and spend a lot of time togather is not easy.. But they needed to do because of the TV show named "SHOW TIME" Even they have different personality and character, they help each other and care each other.. That the feeling to think each other is make their relationship good and strong I think... So I could understand that he and her get along too...:p This movie is funny, I laughed, and I thought about relationship too. I think it's funny and good movie..:)

1 ページ/2 ページ中