レビュー一覧に戻る
クライム&ダイヤモンド

クライム&ダイヤモンド

CRIME & DIAMOND/WHO IS CLETIS TOUT?

92

kak********

4.0

映画好きの殺し屋から逃れる為の超一級物語

2002年のアメリカ映画。犯罪コメディというジャンルだけでは説明出来ないしゃれた内容に映画ファンも納得してしまうこと間違いなし。 物語は、”毒舌ジム”の異名を持つ一流の殺し屋に捕まった詐欺師が、映画をこよなく愛する殺し屋だったため意外な展開になる有様が描かれて行く。 主演は「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のクリスチャン・スレイター。相手役の殺し屋には「サンタクロース」シリーズのティム・アレン。 共演は「未知との遭遇」のリチャード・ドレイファス。ヒロイン役は、TVシリーズ「アリー my Love」のネル・ポーター役でレギュラー出演のポーシャ・デ・ロッシ。 何が危機を救うか予測できないのが人生。映画より、小説よりも奇想天外な体験を語ることで、危機的状況から脱出出来る可能性が出てきたのだから・・・ コミカルな内容は、ドジな殺し屋が出てきたりして笑えるが、全体的にお洒落さが漂う。映画の有名な一シーンや台詞を引用したり、映画ファンならそれだけで楽しめてしまう。 最後も、どこかで見たようなシーンで終わるが、心温まる犯罪映画も貴重だ。 監督兼脚本はクリス・ヴァー・ヴェルで、特に原作があるわけではないようなので、きっと映画を愛する”映画人”に違いない。 そうそう、共演で「処刑人」と続編「処刑人Ⅱ」の殺し屋イル・ドゥーチェを演じたビリー・コノリーが監察医役で出ていて面白かった。

閲覧数545