レビュー一覧に戻る
クライム&ダイヤモンド

クライム&ダイヤモンド

CRIME & DIAMOND/WHO IS CLETIS TOUT?

92

gom********

4.0

登場する刑事で興醒め

この映画は要するに、1950~60年代映画のオマージュなのに(ラストシーンは非常に有名な映画からのいただきです)、事件を捜査する警察署に所属するアフリカ系アメリカ人刑事が、1980年代にエディー・マーフィーが「ビバリーヒルズコップ」で演じ、1990年代にクリス・タッカーが「ラッシュアワー」で演じたような、いわゆる「面白黒人」で興醒めでした。 本来なら、「夜の大捜査線」でシドニー・ポアチエが演じた、同僚や住民の差別に悩みながら、真摯に職務を遂行する、まじめな刑事にすべきでした。

閲覧数362