ここから本文です

Dolls ドールズ (2002)

DOLLS

監督
北野武
  • みたいムービー 146
  • みたログ 1,869

3.41 / 評価:415件

好き嫌いが分かれそうな作品

  • zen さん
  • 2010年1月3日 15時41分
  • 閲覧数 849
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

実は私北野監督の映画、凄いとは思うもののなかなか触手が動きません。というのもやっぱり北野武といえばバイオレンス、といった感が私的に拭えないから。初めて観た作品は「この男、凶暴につき」でしたが作品のクオリティは高いと感じたものの、やっぱり好き、嫌いでいえば、どうもねぇなのでした。その後は食わず嫌いが続いておりました。

いわゆる3つの話の中で3つの愛のストーリィを紡ぎ、交差させている訳ですが、つなぎ的にはいまいち弱い感じです。そして3つの愛が新たな方向性を見出したとたん死というあっけない出来事で幕が閉じる・・・。残酷です。軸になるストーリィは近松門左衛門の人形浄瑠璃「冥土の飛脚」をベースにしているみたいですが、その話もよくわからないので、それが悔しいところです。でもちょっと小難しく作るこの作風、基本的に好きです。ですがこの小難しさゆえ、好き嫌いがかなりはっきり分かれる作品でしょう。監督が描きたかったという日本の四季はかなり美しく(ちょっと大げさな色使いの所も多々ありましたが)描かれ、映像美だけでもかなり堪能できますが、この小難しさは人を引かせるでしょう。

役者さんは菅野美穂が抜群によかった。彼女、いい役者になりましたねぇ。同世代でこれだけの演技できる人って少ないのでは??と思ってしまいました。ラスト近くのペンダント差し出すシーンは必見です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ