ここから本文です

スナイパー (2002)

LIBERTY STANDS STILL

監督
カリ・スコグランド
  • みたいムービー 11
  • みたログ 220

2.68 / 評価:77件

銃社会への提言

  • dum******** さん
  • 2020年12月5日 21時12分
  • 閲覧数 118
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

原題がLiberty Stands Still。
邦題がスナイパーというのは、分からないでもないけれどビミョーに映画の狙いがズレる気もする

展開は基本的に被害者と、主人公である犯人との2人の会話で進んでいくので、緊張の演出はやや物足りない部分はある。

犯人以外にも被害者を狙う存在がエネミーオブアメリカを思い出す。 

ハリウッドぽいアクションにつぐアクションとかが無いなと思っていたらカナダとドイツの映画なんだね。


[ラストネタバレ]
武器商人だったら誰でも良かったわけではなく、以前戦地で命を救った男がそののち商売とした武器が娘の命を奪っていた。やるせない。誰に怒りをぶつけてもやりきれない。

告発データを送ったあと、ジョーは奥さんの映像を見ながら死んでゆく。奥さんの映像を流す演出は不明だった。やりきったとか、奥さんに希望を見た、とか?

奥さんは愛人と2人で逃亡者になったぽいけれど政府の刺客から逃れられるといいね。

ハッキリした答えはない映画。
まあ現実で答えが出ない社会問題を映画で無理に結論着けられるわけないし、これはこれで面白かった。
考えさせられたけれどまた見たいというほどでもないので☆3


結論:日本は銃社会でなくて本当に良かった

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ