ここから本文です

あずみ (2003)

AZUMI

監督
北村龍平
  • みたいムービー 60
  • みたログ 2,746

3.12 / 評価:510件

意外に上戸彩の殺陣がしっかりしてる…けど

  • ibukulo- さん
  • 2013年4月9日 23時41分
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

途中までだけど、原作を読んじゃった人間としては、やっぱり上戸彩じゃあずみのイメージじゃないよな~、時代劇とかちゃんとできるとは思えんし・・・ってことで今まで見てなかったんだけど、図書館に置いてあってタダだったので借りてきた。


そしたら、意外や意外、上戸の殺陣がかなりしっかりしてる。まあ、若干の早回しは使ってるみたいだけど、それでもカタチはかなりちゃんとしてたんで驚いた(ワシ、一応むかし剣道やってました)。
刀の握り方も知らんのに剣の達人を称してたキル・ビルよりは全然良かった(例えが悪すぎ?(笑))

10年前の映画だけど、今やすっかり人気俳優になっちゃった人がたくさん出てるのも驚いた。
でも、もっと驚いたのは、小栗旬と瑛太の、まさかの序盤退場(笑)
小栗旬は回想シーンでその後1回だけ出てくるけど、瑛太はそれっきり。

すごいね(笑)

まあ、まだ駆け出しだったってことだろうけどね。


しかし、10年前だから上戸はまだ17歳ですか!
成宮寛貴と小栗旬と瑛太も二十歳なのね(この三人が同い年だったとは!)。
確かにみんな若くて初々しい!

オダギリジョーでも26歳!・・・北村一輝はすでに33歳なのね(笑)

役者に関しては、色々とおもしろかった。


でも、映画の内容はっていうと・・・・・つまらん(-"-;)

ただひたすら、最初から最後までチャンバラやってるだけで、話の展開に面白味がなさ過ぎる。
もう少し、危機感の演出とか意外な展開とかないとねぇ。


しかも、設定が色々と不自然。

原田芳雄先生、技を教えるのは上手だったのに戦術は素人らしく、相手の本拠地に中央の道路から入っていく。忍びなんだから、裏手から屋根伝いに行くとかじゃないのか?
弟子のあずみも、大人数が待ち構えてるところに正面から突っ込んで行くし。いくら達人で腕に自信があるからって、体力は使うし、バレバレになって目的を達成する難易度がより上がるだろうに。
しかも、血糊がべったりついた刀でいつまでも切りまくるし。そんな刀じゃ何人も切れないぞう。


自分は映画にB級とか付けるのはあんまり好きじゃないんだけど、こういう、設定に手を抜いてるような映画がホントのB級映画だと思うよ。


でも、オダギリジョーと、佐敷三兄弟の長男役の遠藤憲一のキャラ付けは良かったね。
特に、遠藤憲一は良かった。だから、もっと出演シーンを多くすれば良かったのにと思うよ。ちょっと残念。


評価点は2.5点てとこだけど、上戸が可愛かったので3点にしとく( ̄ー ̄)


続編もあるらしいけど、まあ、見ないかな(笑)

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ