凶気の桜
3.2

/ 301

15%
25%
33%
16%
10%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(67件)

かっこいい16.3%切ない15.5%絶望的14.7%恐怖10.9%悲しい7.0%

  • wjn********

    1.0

    学生時代に見ました。

    当方は女性であるからかも知れませんが、女性の扱い方をみてショッキングでした。その嫌悪感が20年近くたつのに鮮烈で消えない映画です。比べるのは、違うかも知れませんがキッズリターンの方が何倍もよい

  • トイトイさん

    4.0

    今更まともに見たが…

    なんで右翼のボスが一匹狼のガキ相手にして…って言ったら元も子もないか(笑) 消し屋のハイテクだかアナログだかよーわからん作戦もせめて長髪はやめろよ(笑)って思ったり まぁ青年期成り立てにありそーなイデオロギーですね まぁ窪塚と江口はカッコいいな確かにカッコいい あとアメリカ仮想敵国に見せといて本当の真意はお隣の国だったってね…オチですよ

  • sm_********

    5.0

    ネタバレ今はもう作れない作品。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • f_m********

    3.0

    リアルタイム

    公開当時観ていたら☆4かもと思った。 ただ、現在の私だと☆3だなと感じてしまった。 3人で白地に赤と黒の刺繍を入れたお揃いの特攻服(デザイン違い)を着て、 渋谷で暴力という制裁を続ける日々。 右翼とは違うと言いながら、結局、右翼にいいようにされ、 一人一人散っていく。一人堕ちる毎に桜の花びらが舞う。 窪塚洋介演じる山口も、「まあ、そうなるよね」という最後をむかえる。 「正義」なんてものは、人の思い込みによって形を変える。 こんな自分ではどうにもならないと気づいた時には遅かった。 桜が咲いて、散る。そのほんのひと時。 私、窪塚洋介さんの作品て「ピンポン」くらいしか見たことなかったけど、 今回、じっくり見たら、この頃の窪塚さんて、今の山崎〇人さんに声も似 てるってなった。(意味はないです。感じたままの話)

  • コペル

    5.0

    ネタバレ15年越しぐらいに鑑賞

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


窪塚洋介山口進
RIKIYA市川勝也
高橋マリ子遠山景子
須藤元気小菅信也
原田芳雄青田修三
江口洋介“消し屋”三郎

基本情報


タイトル
凶気の桜

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-

ジャンル