ここから本文です

記憶の旅人 (2000)

THE BUMBLEBEE FLIES ANYWAY

監督
マーティン・ダフィ
  • みたいムービー 8
  • みたログ 125

3.23 / 評価:13件

未来のために過去を捨てろと言われたら?

  • debbyharry555 さん
  • 2008年2月16日 20時28分
  • 役立ち度 15
    • 総合評価
    • ★★★★★

イライジャ・ウッドの好青年ぶりが良かった。後半、絶望の中に見出そうとする光の描写が「ラジオ・フライヤー」や「ミリオンダラー・ベイビー」を彷彿させられて切なくなる。

末期がん患者を収容する小児ホスピスで、がん患者ではない(とされる)バーニー・スノー(イライジャ・ウッド)が表向きは病院の便利屋として病院にやってくる。治る見込みは無い患者達との深い交流は避けるようにと医師たちからも忠告を受けているが、バーニーのオープンな人柄に患者達も次第にうちとけていくのだった。

特に頑なに心を閉ざしていた富裕家の息子マッゾとはバーニー自身の記憶や睡眠障害などの問題について話を聞いてもらったりしているうちに深い信頼関係を持つようになる。マッゾの双子の妹キャシーにまで頑なになってしまっていたマッゾだが、バーニーの存在を介して妹とも素直に向きあけるようになるのだ。

ラストのシーンは観ている者に何とも言えない緊張感を持たせてくれる。そしてバーニー、マッゾそれぞれの気持ちを考えると涙がこぼれてくる。二人とも特にここでのシーンは凄く良い演技をしていた(というより演技とは思えないぐらい)。

バーニーの抱える記憶の問題も映画全編で繰り広げられるテーマとなっているが、未来の為に過去を捨てろと言われて、普通ひとはどういう決断をするだろうか。身寄りがなく悲惨な過去ばかりしか無ければ記憶をリセットしたいと思うだろうか。このホスピスを通じて出会った仲間との記憶は消えて欲しくないと願うバーニーは葛藤の末決断をすることになる。

映画全体としては淡々と静かに流れる展開となるが、心に残る一作になりそうだ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ