13ゴースト

THIR13EN GHOSTS/13 GHOSTS

100
13ゴースト
2.9

/ 131

15%
15%
34%
21%
15%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(48件)


  • 2.0

    ゴーストというよりモンスター

    大人向けホラーかと思って観るとガッカリします。 幽霊というよりモンスターや怪物のようなものが出てきて子供向けかな。 でもグロテスクなシーンもあるので、小さいお子さんは少し早いかな。 ストーリーもいまいちで、一言で例えると迷路での鬼ごっこのような感じ。 期待外れでした。

  • taf********

    1.0

    ここまで酷いとは思わなかった。

    バシュンバシュンカットが0.1秒で変わる、しかもドアップで。だから何してるか全くわからない。俳優たちがわーきゃー騒いでるだけで、ほんとに何が起こってるかわからない。 とある屋敷の中にいる12?の幽霊たちに襲われまくる。 壁には呪文が書かれており幽霊たちもその呪文の壁は通り抜けできない。そしてゴーストたちも色んな造形で面白い。 そしてそんな屋敷に入ってしまい逃げられなくなってしまったが、霊媒師のおばさんが助けに来る。 そう、題材は面白い。 なのにこのつまらなさ。 なぜなのか? キャストもいい、 予算もふんだんに出ていそうなセット、衣装、特殊メイク、 なのに、何やってっから全然わからん。 それこそが一番の震えるポイントではないでしょうか?

  • 1048

    1.0

    駄作駄作

    センスのないホラー作品 内容は勿論ゴーストも… この作品に星3つ以上付ける 人の意味がわからない。

  • ゆかりのオムライス

    1.0

    B級以下の駄作

    内容は、そこそこでした。でも金にガメツイ女(娘役)にイラッとしました。レンタルしてまで観る映画では無いかなぁって感じです。観てる時間も無駄にした事を後悔です。

  • drm********

    2.0

    落ちない

    2017年330本目。 最初からなんか辛気くさい。 その空気が最後までつづき、ラストのコミカルな部分も、もちろん落ちきらず終わってしまう。 出演者もいまいち深みがなく、案外お金かかってると思うけど、悪霊の造形など、チープさが漂う。 そして、見せどころがわかってないのか、無駄なところにスローかけて、肝心なところはすぐ次のシーンに飛ばすから、イマイチ位置関係が把握できない。 二人二人を交互に見せるには編集が雑すぎた。 最大の欠点はホラーにしたら全く怖くなく、中途半端な作りになってしまったことだろう。

  • ang********

    2.0

    うーん・・駄作なのでしょうね

    思わぬ遺産として転がり込んで来た大邸宅。そこは霊の巣窟で・・ それだけ聞くと「面白そう」ですが、内容は何とも。 まず、上記の「遺産の家」に行くまでに、何やら殺人だの廃車置き場でゴチャゴチャ争いだのの「全く必要の無い回り道」の10~15分が不要。心の底から「いりません」 あと、屋敷。最初に見た瞬間は「うおー素晴らしい」でした。 何やら小道具が散りばめられた、ガラスとからくりで出来た巨大な邸宅。「凄い」「素敵」「住んでみたい」 だが、そんなモノは10分も見ていれば飽きますし、邸宅に到着してからは「ずーーーーっと、ガラスに映るCGの幽霊」「逃げる家人」のシーンの繰り返し。 お約束の「行ってはいけない」と言われたのに、地下に行く子供(くそがき)。 案の定、行方不明になり、探しに行く大人が危険な目に会う。そしてお約束通り、子供は助かる。このパターンが出た瞬間に減点必至。 まあ、邸宅そのものは美しく、セット設置にも頑張ったんだろうなあ・・と思ったので★1にはしませんが、セット以外は何ひとつ褒める所はありません。

  • レヴィアタン

    1.0

    酷い駄作

    ダークキャッスルの映画は、リメイクが中心で制作してるようですが、この映画は、ガラスの舘が出てきた時点で、嫌な予感がしましたが案の定、化け物達はメイクにセンスないし、全く恐怖感が無し。おまけに、話が超つまらない、久々に見るだけ時間の無駄な映画を見てしまいました。

  • JUNJUN

    2.0

    感想

    ホラームービーなんだろうけど、怖くない。そして、つまらない。

  • gag********

    1.0

    近未来的なセットが好きじゃない

    リメイクはリメイクでもだいぶ変えてきた。 近未来のような風変わりな家がどうも好きになれなかった。 オリジナルの屋敷はそんな広さは感じなかったから、リメイクで広い素敵なデザインの豪邸をする分には良かったけど殊の外、こんな屋敷が登場するとは… ホラー映画だけど怖さもほとんど味わえず… 90分にも満たない短尺にもかかわらず退屈な内容故、やけに長く感じてしまった。

  • uni********

    1.0

    駄作なのは良いけど腹が立つのは頂けない

    印象が薄い主人公の親父、自分勝手な糞ガキ、ヒステリックで煩い女ども。 ホラー映画の悪いテンプレを詰め込んだ時点で低評価の対象だが、何より観ていて演出や展開のテンポが悪い。 比較的に短い上映時間にも関わらず体感は長く感じた上に終始イライラして観ていた。 12体のゴーストも幽霊というより怪物の類で全然怖くないのもマイナス点。 オチも大した事もなく特に記憶に残るような印象もなければ、全体的なカタルシスやドキドキもない駄作といえよう。

  • syh********

    4.0

    面白かった!!

    エンタメ色の強いホラー映画。 怖いというよりワクワクドキドキした。 12体のゴーストがみな特徴的でもっとじっくり見てみたかったな。 サイラスってさ・・・死んだ?死んでなかった? カリーナがメガネなしでサイラスを見てた。 でも生きていたのなら血だらけの服を着替えて、首の傷も治療するよね? やっぱり霊なのか・・・。 ラスト、ゴーストたちは解放されたけれど・・・どこへいく。。。 「破壊者」とかヤバくないですかね(;゚Д゚) ガラス張りのお屋敷、すっごく綺麗だった。 ただ暑いと思う。夏は特に・・・・・。 DVD特典のサイモンによるゴースト紹介は絶対に見るべきっ!!

  • mas********

    5.0

    オリジナルVSリメイク⑬ リメイク版

    ダークキャッスルが「TATARI」に続いて放ったホラーリメイク第2弾がこの作品でした。今に思えばこのプロダクション名、ウィリアム・キャッスルに対するオマージュなのかも知れませんね。 今日のお題目は「13ゴースト(2001年版)」です。 あらまあ、評価の低いこと(笑)。現在私のお気レビ様が8人レビューされていますが、何とお一人も5つ☆をつけていないw。でも私としてはこの映画、実は大好きだったりするのです。 12体の幽霊をとっ捕まえて屋敷に閉じ込め、その屋敷をゴーストごと子孫に相続させるというバックボーンはオリジナルと同じ。しかしキーになる13体目のゴーストの必然性、これが若干変更されています。 まずこの映画で気に入ったのは、舞台となる屋敷の奇抜さ。今時昔ならではの古い洋館などでは全然盛り上がらない。そこで本作、現代風にアレンジしようと、とんでもない舞台を設定してしまった。 それが全面ガラス張りで、無数の歯車によって内部が変わる急進的なお屋敷。現代を通り越してもう未来感覚。確かにメチャ豪勢な感じです。思えば「TATARI」でも機械仕掛けのような感覚がありましたが、今回の屋敷は遥かその上を行っている。 こんなお化け屋敷なんですから、出て来るゴーストたちも昔のようなゴシックタイプじゃてんで合いません。次から次へと出て来るわ、実に個性的な幽霊たち!一体一体のキャラが明確に確立されており、もう観ているだけでワクワクして来るのです。 昨日のレビューで書きましたが、ギミック映画のオリジナル、劇場を訪れた観客たちにゴースト・ビュアーなるかければ幽霊が見えるメガネが配られました。本作、このゴースト・ビュアー、別名イリュージョン=O(オー)のアイデアをそのまま活かしています。と言ってもメガネをかけるのは観客ではなく、劇中の登場人物たち。 肉眼では全く見えないものが、あら不思議、このメガネをかけると誰もが霊能力者、ハッキリクッキリと異形のゴーストたちが目の前に現れるのです。 とにかくこのゴーストたち、もうイカシテルというかイカレテルというか、こいつらが主人公一家を襲うシーン、もう楽しくて仕方がないのです。機械仕掛けの屋敷に12体のゴーストたち、メチャ食い合わせが悪いにも拘わらず、絶妙な融合を果たしている。 確かに不気味さは感じられますが、恐怖感はあまりないのですよね。ヒーヒー喚いて慌てふためく主人公たちとバットやら怪力やらで襲って来るゴーストたちとのバトルシーンにアドレナリン噴出、もうゲラゲラ笑って観てました。と言ってもそこはダークキャッスルプレゼンツ、「TATARI」や「ゴーストシップ」ほどではないにせよ、グロ場面もそこここに散りばめられておりますので、苦手な方はご注意を。 一家の主、アーサーを演じるのはトニー・シャローブ。「名探偵モンク」というTVドラマで一躍人気者になった俳優さんですね。決して派手な存在感を植え付ける俳優とは言えませんが、演技力は確かです。子供たちを救うための決死の行動など、単純ながらジーンとさせます。 そして招かれざる客のデニス・ラフキンを演じたマシュー・リラードの存在が大きい。このバカ騒ぎのある意味原因となった男の役なのですが、ラストのカッコ良さが最高に印象的。 更にもう一人、特注の大御所が出演。それは諸悪の根源、サイラスを演じたF・マーリー・エイブラハムその人。ご存じ「アマデウス」のアントニオ・サリエリ役でオスカーを獲った性格俳優です。その風貌から「薔薇の名前」みたいに、当然のように悪役が多い。本作でもそのアクの強さを存分に発揮しています。 単なるおバカお化け屋敷映画だと思って観ていたら、それとなく家族愛を際立たせたりして、何とも言えない余韻を残す。若干クライマックスがありふれた感じになってしまって残念な気もしますが、ホラーエンターテイメントとしてはメチャ楽しめる。まさにウィリアム・キャッスルの目指したアトラクションムービーの精神をしっかりと受け継いでいると思えるのです。 「TATARI」や「ゴーストシップ」は、グロに免疫ある方にしかお薦めできませんが、本作はホラー好きなら誰にでもお薦めしたい一品。 というわけで今回の勝負ですが、個人的な好みからすれば、圧倒的にリメイク版に軍配を上げちゃいます。 えっ、最も気に入ったゴースト? そりゃあ、勿論オッパイモロだしのアングリー・プリンセスでしょ(爆)

  • y25********

    2.0

    豪華なセットと設定が泣いてるとしか…

    まるで巨大な高級時計の中を歩いているようなセットのギミックや ボーナスメニューのゴースト達の設定は凄く良いのに… 肝心の本編がメチャクチャ単調です。 ホラーじゃなくてバイオレンスなだけの幽霊に襲われて、キャーキャー言いながら通路のドアを閉めたら、また別の幽霊に襲われて、キャーキャー言いながら通路のドアを閉めたら… … が、10回くらい続くと「アホか」と言いたい気持ちになって来ます。 セットと設定は豪華ですが、映画はハズレでした。

  • yos********

    3.0

    ネタバレからくりお化け屋敷

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • gor********

    3.0

    お化けいっぱいの割には単調

    なんにも考えないで気楽に見れらる映画も たまにはいいんですが、 今作に至ってはちょっと内容がいまいち、 見る人の気持ちを動かすってほどではないですね。 非常に薄味なホラー映画ですね。 だからゴーストがいっぱいぞろぞろ出てくる割には、 あんまり怖がらせてもらえないし、 そもそもの経緯自体もよくわかりませんって感じ。 ホント商業主義魂胆見え見えの映画ってのも、 見ていてあまり気持ちいいものではありませんね。 もちろんこの作品に限らずー(・へ・)

  • *****

    1.0

    …薄い?

    まず設定がありえない。ありがちなキューブ的な密室ホラー。だけど嘘くさい幽霊がわんさか出てくる。キモいけどありえない特殊メイク満載。魔法だの装置だの愛だのなんちゃら… 子供かホラー素人向けかな。ホラーファンにはちょっと子供だまし。レンタル100円… んーすすめないな

  • hir********

    1.0

    キャラクターのみ

    物語、映画的面白さがない。 記憶に一切残らない内容。 面白い幽霊だけ見れる。 キャラクターがおもしろいのも映画の面白さだが、画的な面白さだけに終始し、性格的な個性がない。 これほど味のない映画も逆に珍しい。

  • gan********

    1.0

    なんと詰まらん↓↓

    一応最後まで見たが、最悪だった。恐怖系の映画ならグロいところはしっかり表現して欲しいものですなぁ↓内容悪すぎ↓思い出すだけでイライラしてくる~(-"-;)次作るならもうちょっと頑張ってよね(-.-;)y-~~~

  • RB20DET

    1.0

    ネタバレテーマがあいまい

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • eig********

    1.0

    中身薄々、、、

    BOOK・OFFで250円でDVD購入。 見終わって呟く。 「変な映画…」 1800円で劇場で観られた方々、 御愁傷様でした、、、

1 ページ/3 ページ中