ここから本文です

明日があるさ THE MOVIE (2002)

監督
岩本仁志
  • みたいムービー 13
  • みたログ 267

2.59 / 評価:41件

配役が当時の人気も表しているように見える

  • shinsuke さん
  • 2010年7月26日 16時45分
  • 閲覧数 1032
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

吉本興業の芸人が芸名そのままに登場している。
芸人がドラマにもでることはよくあるが、これだけでていると
長編コントのようにも見えてくる。

吉本が行っている沖縄国際映画祭の先駆け的な存在かと今見ると感じる。
コントでキャラを演じることと、俳優として演じることは違いがあるのか
僕はわからないが、なぜか映画になっているとにやついてしまう。

内容はサラリーマンでも夢を追うことを忘れず、
ロケット打ち上げに向けて走り出していく姿を描いている。
無難にまとめた感じの映画。
じっくりと見るものでもなく、なんとなく程度でみているくらいがちょうどいい。

数多くの芸人がでてくるが、
森三中がセリフもない女子社員としてでてきたり、
三瓶が陶器の先生としてセリフありの意外と必要な役ででている。
この当時の人気を表しているようで、
今だったら、「はんにゃ」や「ジャルジャル」あたりは出ていただろうと思え
誰がでるか想像してみてもおもしろい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ