レッド・ドラゴン

RED DRAGON

125
レッド・ドラゴン
3.7

/ 1,111

19%
43%
31%
5%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(174件)

不気味22.8%恐怖21.5%知的12.0%勇敢6.9%絶望的6.7%

  • lauryn

    4.0

    ネタバレ全部好きな役者さんでオトク感

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hik********

    3.0

    赤い竜の沈黙。

    題名からは想像もつきませんが、あの「羊たちの沈黙」シリーズの作品であり、しかも前日譚的な内容というなんともややこしい映画です(笑)。 監督は「ラッシュアワー」や「天使がくれた時間」のブレット・ラトナー。 こんな猟奇サスペンスは撮れるのだろうかと一抹の不安がありましたが、意外にもスリリングな描写や残虐シーンの描写に見応えがあって驚きました。 ただ、そんだけ刺されるわ、撃たれるわして死なないのは流石に不自然に思えて興醒めしましたね。 フィリップ・シーモア・ホフマンの例のシーンは圧巻でした。

  • b_o********

    4.0

    おもしろい

    なかなかおもしろかった。前作よりかはよかったような気がする。

  • mar********

    4.0

    ネタバレまぁ、それなりに面白いけど…

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • Wildside

    4.0

    レクター博士の事件簿

    時系列的には「羊たちの沈黙」の前日譚にあたります。ラストには「おお!」とリトルサプライズが待ってるので「羊たち…」観てる方はお楽しみに。 前日譚というか、クラリスがグレアムに、バッファロービルがダラハイドに置き換わって、レクターの立ち位置はそのままに、いわゆる “噛みつき魔” 事件を捜査する、「レクター博士の事件簿season0」というタイトルならしっくりくるでしょうか… こう書くと「羊たち…」の二番煎じのように感じるかもしれませんが、仮にそうだとしても映画としてのクオリティは一級の作品だと思います。犯人の生い立ちから、分かり合えそうになった盲目の女性との恋。「レッドドラゴン」というタイトルに含められた犯人の異常性との関係を、一切緊張感を緩めることなく鑑賞させてくれます。 ショッキングな殺害シーンやグロいシーンは乱発しませんが、車椅子炎上はこの映画一番のショッキングシーン!コレはビビった。他は常識の範囲内(?)ですのでご安心を。 程よいどんでん返しも含めて、最後まで目が離せないサスペンススリラーの一級品。「羊たちの沈黙」に勝るとも劣らない良作でオススメ出来ます。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
レッド・ドラゴン

原題
RED DRAGON

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル