レビュー一覧に戻る
X-MEN2

X-MEN2

X2/X-MEN 2

125

kak********

3.0

アメコミ「Xーメン」の実写映画化第2作目

突然変異などで超能力を持つ人間”ミュータント”が主役の映画で、原作はアメリカン・コミックの「X-メン」である。前作「X-メン」から3年後の2003年劇場公開され前作を上回る興行成績を記録している。 物語は、大勢のミュータントが登場するにしては分かりやすく混乱を招かない点は好感が持てる。突然ホワイトハウスに現われた一人のミュータントが巻き起こす事件から輪が広がり、地球上で共存共栄すべき人間との関係が問われるのだが、スケールが大きい割には限定された範囲でまとめられ、見所はそれぞれの持つ超能力が中心である。 出演者は、「新スタートレック」のピカード艦長役で知られるパトリック・スチュワートを始め、「リチャード三世」で主役を務めたイアン・マッテラン、「グレイテスト・ショーマン」がヒットのヒュー・ジャックマン、「007ゴールデンアイ」の暗殺者役を好演のファムケ・ヤンセンと同映画で共演したアラン・カミング、「007ダイ・アナザー・デイ」でボンドガールを務めたハル・ベリー、「ピアノ・レッスン」でアカデミー賞助演女優賞受賞のアンナ・パキン、そして「いちご白書」のサイモン役で知られるブルース・デイヴィソンなど多彩。 スーパーマンが大勢登場するので、一人一人の能力を見せる時間は限られるが、頭の中を空っぽにして映像を楽しめば、意外に楽しめてしまう。この段階ではロングヒットになる事は分からなかったのだが、次作「X-MEN: ファイナル ディシジョン」が2006年に公開され、その後もヒットが続く事になる。

閲覧数611