レビュー一覧に戻る
サラマンダー

サラマンダー

REIGN OF FIRE

103

icd********

4.0

ネタバレ豪華なB級

公開当時と、その数年後の再上映とで、二回ほど映画館で鑑賞し、その後WOWOWでもみました。 ドラゴンが出る映画はほかにもたくさんあるのでしょうが、この映画の設定は現代イギリスにドラゴンが出現したらどうなるか?というもので、割とB級なお話だと思います。 そこにクリスチャン・ベイルとマシュー・マコノヒーという豪華な俳優が共演しているということで、珍しい作品だと思いました。 内容は、トータルで見るとツッコミどころ満載のご都合主義です。ストーリーも死ぬキャラはすぐわかるし大したことないのですが、俳優さんがやっぱり素晴らしくて、画面の緊張感がたまりません。 ドラゴンの倒し方をめぐって激しく対立するマシュー・マコノヒーとクリスチャン・ベイルのやりとりは、シリアスな戦争映画でも観ている気にさせます。こんなシーンはこの先絶対観られないですよ。 ドラゴンや、燃え尽きた街の演出など、それなりにお金もかかっていて私はけっこう好きでした。 何らかのゲームの影響を受けているのは明らかなんですけど、その分気軽に楽しめました。ドラゴンが出るようなファンタジーは好きだけど、鎧とか剣とかに飽きてる人にはオススメです。(けっこうニッチ?)

閲覧数1,445