ここから本文です

サラマンダー (2002)

REIGN OF FIRE

監督
ロブ・ボウマン
  • みたいムービー 15
  • みたログ 1,030

2.86 / 評価:271件

伝説の火の精霊”火竜サラマンダー”の脅威

  • hoshi595 さん
  • 2008年9月11日 1時27分
  • 閲覧数 266
  • 役立ち度 13
    • 総合評価
    • ★★★★★

6500年前地上を支配していた巨大竜が深い眠りから覚め
人類は絶滅の危機に直面する。

所謂”怪獣映画”であるが、複雑な理屈なしのシンプル
さは近未来SFとして人類対巨大竜の戦いに没頭出来る。

監督はホラー好きで自らTVシリーズ「X-ファイル」を
出来るだけ多く演出したいと熱望したロブ・ボウマン。
映画版「X-ファイル ザ・ムービー」も手掛けている。

主演は「ダークナイト」でバットマンを演じるクリスチャン・
ベイル。相手役に「007/ゴールデンアイ」でボンド・ガール
に抜擢されたイザベラ・スコルプコ。モデル兼歌手でもある
彼女の登場で、単なる怪獣映画からサバイバル・アクション
映画に変貌し、緊張感も倍増していく。

共演は「U-571」や「コンタクト」のマシュー・マコノヒー、
「300<スリーハンドレッド>」や「オペラ座の怪人」の
ジェラルド・バトラー、など。

総制作費120億円を投じただけあって、巨大竜も並みの強さ
ではない。しかし、103分の間に決着をつけなければならない
ので、枝葉の戦いは端折って最後は廃墟となったロンドンでの
死闘となる。

映画はさて置き、世界各地で残されている”ドラゴン伝説”も
あながち無視できないのでは?と思わせる、未知の世界の物語
である。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 知的
  • 絶望的
  • 切ない
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ