ここから本文です

バルニーのちょっとした心配事 (2000)

BARNIE ET SES PETITES CONTRAR/BARNIE'S MINOR ANNOYANCES

監督
ブリュノ・シッシュ
  • みたいムービー 4
  • みたログ 32

3.00 / 評価:8件

ちょっとどころか、大問題が勃発!

  • aopwkisql さん
  • 2009年5月23日 2時57分
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

 登場人物にさっぱり共感できないのに、何度も吹き出してしまう
滑稽な台詞と哀れなドタバタぶりが可笑しい、不思議なテイストの
フレンチ・コメディ。

 既に40も半ばで、10代の娘もいる、分別をわきまえて然るべき
オヤジなのに、まぁ、やること成すこと身勝手で駄々っ子レベル。
仕事も全然うわのそらで、イケメン男性&20代の小娘とのダブル
浮気(しかも両刀遣い!)にコソコソいそしむ、ケツの穴の小ささ
ぶりも、大ブーイングものですが、こともあろうに、この二人の
浮気相手&愛妻から、同じ日に旅行に誘われてしまったことから、
何も知らない妻や娘もガッツリ巻き込んでの、奇妙極まる珍騒動が
幕を開けます。

 この浮気オヤジが!と怒って終りたくなるところですが、そんな
単純構造で終わらせずに、様々な変化球ネタを仕掛けてくるので、
意外に飽きさせません。

 何も知らない妻にナタリー・バイ、浮気相手の娘にマリー・ジラン、
ちょっとどころか大問題が勃発し、狼狽しっぱなしのバルニー役に
『百貨店大百科』『PARIS』のファブリス・ルキーニ。
日本人なら小日向さんか、はたまた西村雅彦さんあたりか、
米ならピーター・マクニコルあたりなら巧くこなしてもらえそうな、
ドン引きスレスレなところを笑いに転化させねばならないこの役は
結構難しい役どころかも。

 前半での修羅場あり、中盤からは舞台をオリエント急行の車内に
移しての転調もあり、突飛な人物相関図だけで看板倒れにならずに
楽しませてくれます。

 映画にかっちりした理屈や倫理観を、どんな作品にも求める方
には、あるいは、怒りがこみ上げてくる作品かもしれませんが、
映画なんて所詮、人間が作ってるんですから、愚かで哀れな姿も
描いて、皆で共に笑い合うのが最高!という洒落がわかる方なら、
ツボに入るシーンも少なくない作品と思います。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ