ここから本文です

スズメバチ (2002)

NID DE GUEPES/THE NEST

監督
フローラン・エミリオ・シリ
  • みたいムービー 12
  • みたログ 364

3.23 / 評価:112件

まさにスズメバチのごとく

  • kok******** さん
  • 2018年2月18日 12時40分
  • 閲覧数 64
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

「うお!?なんだこの面白そうな映画…」と気づいて慌てて観たんだけど開始から30分くらい経過していたのできちんと冒頭から観たかった…。
「TAXi」の運転手でお馴染み、フランス映画には欠かせない?サミー・ナセリ(仏)出てまっせ!!
癖が強すぎる上、フランス語独特のモゴモゴ感に馴染めなかったあの頃…「TAXi」観ながら「きもいな…」と思っててごめんなさい。
この「スズメバチ」では結構キモかわいい死にかけた芋が転がってるみたいな演技が病みつきに…(これ褒めてます)

なぜ「スズメバチ」なのか、観れば納得。
よく銃で敵を掃討するとき「ハチの巣にしてやる」とか言うけど、そのまんま。
めちゃくちゃ撃ちまくる、すっごい爽快。そして仏映画だな~と思わせるちょとした暗さがたまらない。
いいです…いいですよこの映画、心地よい余韻があります。

また、マフィアの幹部を取り戻しに来た奴等の顔が見える場面がほとんどなく、防護具が不気味さをかもしだしてる。
そして、遠目のアングルでは普通にこのコンテナ工場?の周辺の高速道路を走る自動車のライトなどが見えて、こんなにも日常なのに誰にも気づかれずものすごい銃撃戦と殺し合いが起きてるなんて…っていう不思議な感覚も味わえる。

しかも、マフィア軍団vs特殊警察+不良たち+警備員 という図式が奇妙でたまらない。
犬殺されて復讐したるわ!!!と拘束から逃れた警備員のおっちゃんが、自業自得で死にかけてる不良を見て「ったく、しょうがねえな」とばかりに助けに入るところも、米映画ならもっと大袈裟にするところを地味~~~に演出していて好きw

ああ、やっぱり銃撃戦好きなんだな自分は…と改めて思った。あと作戦ね、色々頭使ってこの最悪の状況をどう乗り切るか…みたいな、そういうのがいいんだなあ…。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ