レビュー一覧に戻る
木曜組曲

木曜組曲

SUITE DE JEUDI

113

koume1532

4.0

ネタバレスッキリしたい方には不向き

ミステリー風だけど、4年前に亡くなった女流作家 重松時子を忍びながら、本音をぶつけ合う女たちの物語・・が主だった。 鈴木京香さん、原田美枝子さん、西田尚美さん、富田靖子さん、加藤登紀子さん、浅丘ルリ子さんとキャスト陣は超豪華。 役者と役名両方に『尚美と時子』がいて、ちょっとややこしい。 さらに時子と5人の関係性となると、わけがわからなくなります。 なので、そこはスルー。どのみち、さほど重要じゃないし、絵里子(鈴木京香)とえい子(加藤登紀子)だけが血縁者ではないと覚えておけば良い程度。 フーダニット物(犯人当て)ではなく、それぞれの時子への嫉妬と尊敬の入り混じった気持ちを 吐露する会だったのじゃないかと私は解釈。 のちに、えい子と絵里子の企みだった・・というオチ+時子の無理心中的な計画も出てきたが、なんかうやむやに。 パスタソースに細工をしたのは誰だったんだろう? ここが気になるけど、映画では明かされなかった。←たぶん、時子がやった? みんなを道連れにするために?

閲覧数683