ここから本文です

ブラッド・ワーク (2002)

BLOOD WORK

監督
クリント・イーストウッド
  • みたいムービー 55
  • みたログ 944

3.44 / 評価:305件

尻すぼみ

  • wkr***** さん
  • 2019年3月31日 0時02分
  • 閲覧数 275
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

途中まで
良かったんですけどねぇ

キャラクターも豊かで。
あの顔だけで存在感のある女医
(アンジェリカ・ヒューストン)

最初から主人公の事が嫌いな
なんだかんだうるさい刑事

協力的な女刑事

ただ、ジェフ・ブリッジスがいる時点で
脇役な訳ないし
犯人かもなー、と
出てきた時から
うすうす分かる演出…

後半のやはり犯人だったか
と分かったシーンの
きっかけは何かと言うと
小切手の名前を見たからだって…
1が足りないからって

それ子供が気づいたやつじゃん!

それまでの鋭い観察眼は
どこに行ったんだ!

怪しい車を見つけて
急にショットガンを
ブチかましたところは
面白かったですね

結構、派手にアクションして
心臓大丈夫?みたいなシーンでしたけど

結局、女医が心配していたほど
心臓で苦しむこともなかったし

あの女医とのやり取りは
必要だったのか?と。

あとは、じいさんのラブシーンが
始まるのか!?と思わせるところが
ヒヤヒヤしました

いくらイーストウッドでも
そんなシーンはもうダメ

結果、そんなことは無かったので
ホッとしましたけど。

後半の
犯人が分かってからも
グダグダでしたね

犯人が全然、猟奇的じゃないし
緊迫感がまるで無くて

もう早く終わってくれと
思ってしまいました。

酷評されてますけど
ついこの前に観た
ザ・ウォッチャーの
キアヌの方がまだ良かったです。

途中までは
なかなか楽しめました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ