レビュー一覧に戻る
夕映え

夕映え

THE TAMARIND SEED

125

mal********

3.0

歌わないアンドリュースの映画です。

1976年に公開されたサスペンス映画です。 休暇中に出会ったソ連諜報員スベルドロフ(オマー・シャリフ)とイギリス外務省に勤めるジュディス(ジュリー・アンドリュース)は恋愛感情を抱くが、ソ連側はジュディスからイギリスの情報を引き出そうと、そしてイギリス側はソ連が作為的にスベルドロフを近づけたと思っているために引き起こされる諜報戦を描いています。 とはいっても、本作の監督であるブレイク・エドワースはジュリー・アンドリュースが奥様ということもあってか、とりあえず内容よりも彼女を優雅に美しく映すことを優先したような演出が目立ち、サスペンス色はそれほど濃くはありません。 いっそのこと、エドワース監督の傑作「ピンク・パンサー3」級のアナーキーなコメディ映画として本作が作られたら、意外と面白かったかもしれませんね。

閲覧数570