ここから本文です

容疑者 (2002)

CITY BY THE SEA

監督
マイケル・ケイトン=ジョーンズ
  • みたいムービー 43
  • みたログ 647

3.58 / 評価:110件

父は刑事、息子は容疑者

  • Julienne さん
  • 2015年12月17日 18時04分
  • 閲覧数 562
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

デニーロさん演じるビンセントは子供の頃
父親が幼児誘拐殺人で処刑されたにも
かかわらず優秀な刑事になりました。

でも息子が幼い頃に離婚して、
以来息子から遠ざかっていました。

その息子がヤクにおぼれて売人を殺してしまい、
容疑者として父のいるニューヨーク市警に
手配されることに。

母親のもとで育ったばかりにグレてしまったので、
お母さんが悪いってめっちゃ思いますけど、

仲違いした奥さんといるにせよずっと息子に
会おうとしなかった父親、家族や息子から
逃げていたビンセントも悪かったのかも。

実話をもとにした物語、
監督はデニーロさん主演の「ボーイズ・ライフ」
(1993)のマイケル・ケイトン=ジョーンズさん
ですけど、

これほどの名優でたびたび映画を撮ってる
のに名が知られてないのは、それなりの
監督さんだからかも知れません。

父親と違って道をはずしてしまった息子
ジョーイは、本作の前年にジェームス・ディーン
さんを演じたジェームズ・フランコさんで、
「理由なき反抗」を髣髴させるキャラです。

デニーロさんファンにとって憎いキャスティング
は、相棒の刑事に「ディア・ハンター」で
本作の25年前に共演したジョージ・ズンザさん、

ヤクの売人を殺してお金を奪ったと勘違いして
ジョーイの命を狙うスパイダーを演じたのは
「ワンス・アポン・ア・タイム~」(1984)
で共演したウィリアム・フォーサイスさん。

あとフランコさんの彼女を演じたのは
「ボーイズ・ライフ」でまだ13歳の少女だった
エリザ・ドゥシェクさん。

デニーロさんはじめ、
みんながハマってたんですけど、

監督が凡庸なせいか前半は映像も薄暗くって
眠くなりそうでした。


ビンセントにとっては父親も息子も殺人犯
っていう救いようのないようなやるせない境遇、

にもかかわらずきちんと明るい未来が開ける
んだっていう希望を感じさせる救いがあって
よかったです。

原題は「City by the sea」、
ニューヨークのロングアイランドっていう
「海のそばの町」が舞台でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ