ごめん

103
ごめん
4.1

/ 34

38%
44%
15%
0%
3%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(11件)

笑える23.1%かわいい17.9%楽しい15.4%切ない12.8%コミカル7.7%

  • エル・オレンス

    4.0

    久野雅弘くん可愛すぎだろ・・!

    全体の演出とかは昭和臭かったし、脚本も別に捻られたものじゃないけど、 思春期全開の聖一を堂々と体当たりで熱演した久野雅弘くんを高く称えたい! アレは私生活の学校でいじめられたりしてもおかしくないレベル。 体の変化への焦りっぷりとか、照れ隠しっぷりとか、好きな女子への一途っぷりとか、一人でこっそりニンマリ笑いとか、とにかく全てが可愛すぎだろ・・! ここまで熱演できる子役は日本じゃ中々いない! 彼を称えて★4!

  • WXYは知ってても、それだけじゃ

    3.0

    めんどうこて

    性に目覚めた小学生の恋か、好きな相手には振られるが、そうではない子には告白される。酷でもその時の気分をそのまま言ってしまう、行動もそう。幼かった自分をも思い返して、ふと切なさが湧く。

  • sha********

    5.0

    おもしろい

    初恋がメインやけど自分としてはおもろいっていうのが一番の印象でした! お汁しかり子供たちの会話、台詞のセンス...etc おもろいとこが散りばめられてて見てて飽きへんし笑える!あの年上の女の子のソフトSさ加減は男性なら心くすぐられる感覚が「あると思います」。 あと完璧に作られてない感じが凄いよくてNGがあるのかないのかわからんラフさ加減!これに尽きる!完璧に作られて変な芝居くささがでてる映画より自分には本当に自然に見れた。細かいこといえば色々あるけどとりあえず見てほしいです

  • yuu********

    5.0

    嗚呼、愛の遠隔“性”教育♪

    自分は今でこそ夫婦と息子2人と平穏に暮らしていますが、8年間ほど別れて暮らしていた時期があります。この8年間というのはちょうど息子たちが思春期真っ只中(小学生~中学生)でもありました。 年に数回は会うものの、やはり息子たちの身体的な変化について話すといった時間もなく、いわゆる父親による性教育も施してやれなかったわけです。(妻は結構苦労していたと思います) そんな中、この作品に出会いました。 長男13歳、次男11歳の2003年くらいだったと思いますが、確かスカパーで放映されたものを録画していたように記憶しています。思春期を迎えた小学6年生の描写がなんともほのぼのとしていてとても好感を持ち、舞台が大阪・京都ということもあり「これは使える!」と考えてVHSビデオに録画したもの妻に手渡しました。 おちんちんが大きくなる、射精する(お汁が出る?)、初恋をするなどなど自分もその時期に経験した出来事がこの作品には盛りだくさん描かれています。 さあ、果たして役に立ったものなのか? 今では息子たちも大学1回生と高校2年生になりますが… いまだ女子の“影”すら見えません(^・ω・^) この作品はまず小学生高学年の息子さんをお持ちの親御さんにおすすめしたい。 なかなか親と子供が一緒に鑑賞するのは恥ずかしい(特に子供さんが)と思いますが、 鑑賞し終えたあとには必ず清清しい余韻を満喫できると思いますよ♪ またお子さんがいらっしゃらない方が見ても充分に楽しめます。男女も問いません。 ご自身が小学6年生当時のことが思いだされてノシタルジーに浸れますよ♪ キャストやストーリー・演出といったところも秀逸だと思います。 主役のセイを演じた久野雅弘君は『大阪ハムレット』でもすっかり 成長した?感じで年上女性に憧れる長男役を見事に演じていましたね。 セイの父親と母親を演じた國村隼と河合美智子はさすがにとてもいい味出てました。 子役もいいです。ナオちゃん役の櫻谷由貴花ちゃんも中学2年生とは思えない しっかりとした女の子を可愛らしく演じています。 個人的にはセイに想いを寄せる同級生の女の子が最高にいい感じです。 (サザエさんに出てくる花園さんタイプ) 最近では小中学生の妊娠をテーマにした作品なんかも多く見受けられますが、 この作品で描かれるのはまさに昭和時代から通じる思春期そのものです。 そういった意味では“古臭い”のかもしれません。 けれどやはり思春期ってのはこういう感じが望ましいと自分は思ってしまいます。

  • pul********

    4.0

    良作

    男の子が男になる瞬間はいつなんだろう? やはり本当に人を好きになる時が 人間が成長の一つのポイントなんだろう この映画では主人公が男になる瞬間が 髪型や自転車で前に乗る所等で映像的に 表現されている 大阪や京都のローカル性も現実感があって 非常に良い この映画を観ると恋がしたくなる お勧めの映画なんだが このまま埋もれてしまうのかな・・・ この監督さんに鉄人28号を依頼した プロデューサーの見識はいかがなもんか?

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


佐藤翔一キンタ
栗原卓也ニャンコ
國村隼セイの父
河合美智子セイの母
森毅セイの祖父
伊吹友木子セイの祖母
斎藤歩ナオコの父
三田篤子ナオコの母
小牧芽美倉田先生

基本情報


タイトル
ごめん

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-