ここから本文です

ごめん (2002)

監督
冨樫森
  • みたいムービー 19
  • みたログ 122

4.25 / 評価:32件

青春はいちどだけ

  • infrared_asronomy さん
  • 2009年9月23日 13時46分
  • 閲覧数 1075
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

大人になるって大変。理性では抑えきれない性徴がセイの体にも起こりはじめる。
そこからこの物語は始まる。

小学6年生のセイが一目惚れしたのは中学生のナオ。気が強くてしっかり者の女の子。
地味なセイとはアンバランスだけど、二人の姿はとってもまぶしく微笑ましい。

初めての恋、告白、失恋を味わい、落ち込んだりヤケになるセイ。
父子家庭で親の都合に翻弄され、それでも親の幸せを願うナオ。
どちらかの立場ではなく、どちらの気持ちも痛いほど伝わってきて、知名度も華も無いけど、とてもいい映画を見つけたと思った。

役を演じる子供たちが、若さ剥き出しで自然に演じてる姿が素晴らしい。
まだまだ完全に子供の部分と、大人の入口に少し入りかけようとしている子供の部分
が絶妙に織り交ぜられている。
映画の中ではBGMもほとんど無く、物語は淡々と進みながらラストに向けてじわじわと加速する。一度きりの十代を生き急ぐような終盤のセイの疾走がとても印象的だった。

思春期の青さ、痛さ、甘さ、色んなものが混然一体となった青春ストーリー。
ああ、あの頃に帰りたいなぁ・・・。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 笑える
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ