レビュー一覧に戻る
マドモワゼル

マドモワゼル

MADEMOISELLE

85

ジョセフィーン

5.0

ネタバレフランスだから出来る恋

日本では「不倫」のひと言で片付けられておしまいの既婚女性の恋。 しかし、愛の国フランスでは、恋すること、愛することに条件はない。恋と愛そのものに罪はないのです。 撮影当時、33歳のS.ボネール。少女時代の骨太いイメージが見事に取れて、シニョンが似合う知的なキャリアウーマンを演じてくれています。 対する男:ピエールには、J.ガンブラン。華があるとか、超ハンサムとかいう役者ではありませんが、極端にセリフが少ない現代劇でもフレームにその容姿が活きる役者です。 「不倫」には悲劇の結末がつきものですが、この映画にあるのは切なさと甘酸っぱさ。哀しみはありません。分別あるフランス人の大人の男女が、確かな1日を終えて無言のまま席を離れていくラストが何とも言えません。 どんな恋も愛も、長い人生の一部。C'est la vie.

閲覧数697