ここから本文です

北の国から  '83冬 (1983)

  • みたいムービー 12
  • みたログ 160

4.32 / 評価:31件

北陸の国からレビュー2013」その1梅雨

  • ホアホアール さん
  • 2013年6月1日 23時47分
  • 閲覧数 1695
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

こんにちは。北陸レビュアーホアホアールです。ドラマ好きのお気レビ、影虎さんと同じく、ドラマ好きの私の最近のお気に入りはNHK朝ドラ「あまちゃん」です!

さて今回の作品レビューは?
「北の国から '83冬」です!この前「84夏」でラーメン屋の店員を演じた伊佐山さんのレビューを書いた事で私の中で「北の国から」がマイブームとなり北の国からシリーズのレビューを読み返しておりました。中にはレビューのないシリーズもあるのでヤフー映画史上、前人未到の北の国から全作品レビュー制覇を成し遂げようと私は決意した次第です!

■「北の国から '83冬」あらすじ
1983年冬、北海道富良野で生活する黒板家。シングルファーザーの五郎さんは子供の純君、蛍ちゃんを残し、東京に出稼ぎに行って年末に帰ってきました。そんな折、純君の友達の正吉君が家出をして黒板家にやってきます。正吉君は五郎さんの幼馴染でホステスのみどりさんの子供です。みどりさんにたのまれ庄吉君をしばらく自宅に住まわせる事になった五郎さんですがみどりさんは黒板家を巻き込む大きな問題を抱えていたのです。その頃、五郎さんの住む麓郷で昔、豆の栽培で大成功をしたという伝説の老人松吉さんが現れます。幼馴染のみどりさんがもちこんだ黒板家存亡の危機、ひょっこりと現れた伝説の老人松吉さん、その孫娘妙子さんと純君のおじさん草太兄ちゃんの恋物語がそれぞれからまり極寒の富良野にドラマが展開します!みどりさんと正吉君の親子は?黒板家の家族のみんなは?松吉さん、そして妙子さんたちはどうなるのでしょうか???

■ドラマの内容をところどころ忘れていました・・・。
本作に登場する松吉じいさんは80代という高齢で物忘れがかなり進んでおりましたが私も以前見た映画やドラマの内容を所々忘れて新鮮に鑑賞する事が多くなりました。ネタバレなので書きますが五郎さんはみどりさんが作った700万円の借金の連帯保証人となり自分の家が建っている自分の土地を借金のかたに取られそうになるのです。その顛末を忘れていた私は五郎さん達がどうなるのかドキドキしながら鑑賞しておりました。

■麓郷の暖かき人々
多額の借金を突然背負った五郎さんは結局我を張るのをやめ、近所の人々の借金の援助を受け入れ、土地を奪われる危機を脱する事が出来るんですが、よく考えたら本当にすごい絆ですよね。最近、大阪で若いお母さんと幼い男の子が食べるもの無く餓死するという痛ましい事件がありましたがその親子も周りの人たちとそう言う堅い絆で結ばれていれば悲しい事にならずにすんだかもしれません。前述したようにドラマの五郎さんがみんなに悪いから、と周りの人たちからの援助を拒むシーンが描かれていますが下手したら黒板家も大阪の親子のような悲劇に見舞われていたかもしれません。大坂のそのお母さんも他の人に悪いから、と自分の家族に救いを求めていなかったのかもしれませんが五郎さんが援助を断った挙句黒板家族そろって凍死、なんてなったら助けようとしていたみんなに尚の事いやな思いをさせたかもしれません。しかし、後で散々苦労かけたのに五郎さんに会いに来たみどりさんを優しく迎えた五郎さんもドラマとはいえ、本当に人間が出来ています。かなりいい年齢になった私が見ても麓郷のみんなは大人の度量が大きいです。 

■今は亡き笠さん、大滝さん、地井さんの名演!
松吉さんを演じた笠智衆さん、本当に素晴らしく、家族に散々迷惑をかけたのにそれでも憎めないかわいげのある老人役がぴったりでした。いろんなレビューで書いてますが世の中って人に散々迷惑をかけているのに放っておけない得な人っていますよね。人徳というか。シリーズを通じて草太兄ちゃんのお父さん、北村清吉 さん役を演じる、大滝秀治さん、中畑和夫を演じる地井武男さんの二人は本当にいろいろ頼りになるリーダー的存在を見事に演じております。40代にしていまだというか死ぬまでこんな立派な大人に私はなれないだろうな。そしてまだ幼い蛍ちゃんがめちゃくちゃ大人な気配りを示す所、女は男より早く成長する(個人差あり)という事を実感させられます。また、妙子さんを演じる風吹ジュンさん、かげりの色気のある女性を見事に演じられております。当時はおばさんに思っていたけど今みると若くて美しいなあ。つくづくヘレナ・ボナム=カーターさんに似ていますねえ。あみんの「待つわ」が流れていた1983年の物語でした。

ホアール作品レビュー、「北の国から '83冬」編!

おしまい!

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 悲しい
  • 切ない
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ