北の国から  '87初恋
4.4

/ 76

58%
30%
7%
4%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(13件)


  • みそチキンカツ定食

    5.0

    五郎さんへ

    北の国からの第23話と、初恋は 繰り返して今でも観ています ありがとうございました そして、いつか直接、逢いたいです

  • tat********

    5.0

    感動

    純とごろう共に気持ちがわかる。どのキャストもうまく、本当にいいドラマです。

  • grizoumin17

    5.0

    尾崎

    純の初恋と思春期の息子との接し方に悩む五郎の話。誰でも共感できる切ない話。

  • jir********

    5.0

    純くんの、やったぜ!がこだまする

    初恋の人と偶然接触が出来た純くん。 やったぜ!と叫ぶとキツツキが、コンコンコンコンコン!と速度を増して木をつつき、北海道の大地に三度ほど、やったぜ!がこだました。 あの演出が最高でした。 生きていくのは厳しい、というのが今回も非常に伝わってきて面白かったです。

  • wat********

    4.0

    いつもの良さ

    またまたレンタル店から借りて鑑賞する。  今度は主人公の初恋の話。今から見ると、東京にあこがれ定時制の高校に行きながら働くというのは、いささかアナクロニズムを感じざるを得ない。しかしながら、それが時代というものなのだろう。  今回はレオナルド熊扮する農家が畑を何度もダメにして(化学肥料のやりすぎらしい)、多額の借金を重ねるという設定。主人公の彼女の親は、借金の連帯保証人になることを拒むが、自身も大豆畑で大失敗して夜逃げをする。  極めて悲惨な話であるが、淡々とドラマは進んでいく。最後は、主人公が東京に行くのだが、田中邦衛扮する父親が泥のついた万札をトラックドライバーに託し、息子を乗せてもらうように手配する。いや、ここは泣けた。押し付けがましくないところが、倉本マジックなのだろう。  田中邦衛は3枚目だし、演技がうまいかといわれれば疑問符がつく。ただ、怪演というべきか、強く印象に残る。昔、みんながモノマネをしたわけだ。こういう個性派がいなくなるのは寂しい。

  • gan********

    4.0

    感動した!

    私事ですが、親父がオレを東京に送り出してくれたときのことを思い出して泣きそうになた。

  • gah********

    5.0

    ネタバレ北陸の国からレビュー2013」その3梅雨

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • 石井隼人

    5.0

    話をすりかえてるのは父さんの方じゃないか

    数本の映画を観ても得ることのできないような感動と胸を熱くする感情がこの一本の作品に詰まっています。 今作に限らず「北の国から」(「遺言」以外)は人間ドラマの宝庫です。 数少ない台詞のなかにより多くの事を語らせ、感じさせる素晴らしいシナリオ。無駄な台詞が一つもない!そして構成が素晴らしく巧い! チン太が純に恋人を譲るシーン。泣ける泣ける。 「いやー、まいったまいた!お前本当にやっちまうんだもんな。いやあまいった!本当にすげえや。マジに俺尊敬する。かなわねえもなぁ。オラもうだめだ・・」 五郎がレイちゃんに八つ当たりしてしまう愚かさと五郎自身が自分に感じるふがいなさ。泣ける泣ける。 「大里さんちのお嬢ちゃん。助け合うのが農家ってもんだ!お前の親父にそうよく言っておけ!」 純に遠慮してしまう五郎と、五郎に遠慮してしまう純。二人の気持ちのすれ違い! 「おらぁ、最近あいつがようわからんです・・」 「情けないじゃないか!父さん近頃本当に情けない!僕がここを出たいのはそんな父さん見たくないからさ!」 両方の気持ちを知りつつ、それを見守る蛍のけなげさ・・。 「東京へ行きたかったのはレイちゃんのため? 学校とかじゃなくってレイちゃんといたかったから? そんなこと今ごろ言い出すのよしてよ!」 そして純とレイちゃんのほろ苦い初恋。尾崎豊の「I LOVE YOU」 「帰れなければ泊まればいいんだし・・。ごめんなさい。私・・とっても怖いこといってる・・」 五郎の純に、いや、一番大切な息子に語る深く優しく重い言葉。 「息苦しくなったらいつでも戻ってこい。故郷に帰るのは悪いことじゃない」 降り積もる雪に残るレイちゃんの足跡。彼女は行きかけ、振り返えり、そして去って行った。 二人だけの思い出の場所にウォークマンと「17歳の地図」を残して・・。 東京まで乗せてくれるトラック運転手に必死に「息子を頼む」と頭を下げ、いらないと言ったのに渡した泥のついたピン札。 「俺には受け取れん。お前の一生の宝にしろ」 これが「本物のドラマ」っていうんだろうなと観ていてつくづく思います。 登場人物それぞれが息をして、ちゃんと生きているんです。動いているのです。 非の打ち所がありません。

  • min********

    5.0

    初々しくも、切なすぎる

    純の「初恋」であります。 純はこの回では「ペンチ」と呼ばれてます。 本作以降、毎回ニックネームも変わります。 純は高校受験を控えてます。 担任の先生(鶴田忍さん!)と五郎の会話。・・・・あいつがわからんです・・・・ 純の「初恋」の相手は、れいちゃんです。 すっごく可愛いです。 あの出逢い・・・・惚れちまうやろー! 五郎と純の確執。・・・・反抗期ではない感じです・・・・ 富良野での様々な出来事。・・・・大雨の被害、霜注意報の時の事故・・・・ 純とれいちゃん。 『I LOVE YOU』が流れる時、れいちゃんは・・・・ 初々しくも、切な過ぎます。 東京へ向かう純。 見送る五郎と蛍。 ぶっきらぼうなトラックの運転手。 泥のついた1万円札。 純、思いっきり泣け!

  • まりこ

    5.0

    切ない恋心と、親への思い

    実ははじめて「北の国から」のシリーズを観ました。 なぜこれを選んだかというと、 知り合いに強く強く勧められました。 その人いわく、「北の国からの中でこれが一番いい!」と。 その知り合いの解説(人物関係とか)をもらいながら鑑賞。。 中学生くらいの心境がよみがえってきました! 純の心の声がなんか気恥ずかしいというか、 「あ~そうおもっちゃうよね~!」みたいな^^♪ 胸がキュンッとしました。。 あとは多感な時期の親への思い 子供はこどもながらに親のことを思ってる、っていうことを分かって欲しいな 親だってこどもだった時代があっただろうに。 なぜ忘れてしまうんだろう。。 親といろいろと口論したことを思い出して涙が出ました。 昔、とんねるずのタカさんが田中邦衛のものまねをしているのをみて そうとうデフォルメしてるんだろう、と思っていたのですが、 似てたんだ・・・ 初めて“本物”をみてわかりました^^

  • tas********

    5.0

    冬が好きな人へ

    親からの自立を求める年代。 純の前でどうしょうもなく泣くチンタ。 天窓から舞い落ちる雪が見れる喫茶店、 札幌に行こうというレイ。 雪の中の納屋。 尾崎豊。 家族思いの妹。 泥の付いた万札を受け取れないダンプ運転手。 このドラマだけはすべてが焼きついている。 どうしてこんなに忘れられないんだろう。 子供ってのは何も罪がないのに 親の振る舞いで人生が左右されてしまう。 反対に、親は子供のためにと一生懸命。 離れなければお互いの成長はない。 本当は身を寄せ合う季節だというのに。 吐く息が白くなるとなぜか気持ちが温かくなる。 そんな、冬が好きな人へ。 あなたならきっとこの物語がわかると思う。

  • aru********

    5.0

    ネタバレ不器用な父の愛

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • hel********

    5.0

    ネタバレシリーズ最高傑作

    このレビューにはネタバレが含まれています。
1 ページ/1 ページ中