ここから本文です

パニック/脳壊 (2000)

PANIC

監督
ヘンリー・ブロメル
  • みたいムービー 0
  • みたログ 21

3.00 / 評価:9件

全編を貫くウィリアム・H・メイシーの魅力

  • hoshi595 さん
  • 2010年1月16日 5時59分
  • 閲覧数 280
  • 役立ち度 10
    • 総合評価
    • ★★★★★

「ある日どこかで」で映画デビューを飾った
ウィリアム・H・メイシーが主役のサスペンス
映画。

相手役は、「スクリーム」のネーヴ・キャンベル。
共演は、「針の眼」のドナルド・サザーランド。

物語は、引退を決意した殺し屋が、セラピーで
知り合った女の子に恋をしてしまった事から
状況が一変してしまう有様が描かれている。

主役のウィリアム・H・メイシーは、脇役でこそ
力を発揮するのかと思えば、本作品の様な主役も
こなし、実力を見せつけた。

また、ケイト・ベッキンセールに似た面持ちの
ネーヴ・キャンベルは、肉体的な若さと精神的な
危うさを持つ女性を好演している。

他では、「リング」シリーズのエイダン・ケラー
に扮したデヴィッド・ドーフマンが、ちょっと恐い
子役を演じているのが印象的だ。

どんな役でもこなすドナルド・サザーランドを
加えた演技達者な顔ぶれが織り成す極上のサスペンス
は、”家族”を守る男の姿が格好良く見える正統派の
映画に仕上がっている。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 知的
  • 絶望的
  • セクシー
  • かわいい
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ