レビュー一覧に戻る
黄泉がえり

koume1532

3.0

ネタバレ改めて観て見ると・・

公開1年後くらいに、テレビ放送で観た覚えがある。 内容はうろ覚えだが、当時も感動はなかったように思う。 改めて今見ると 今は亡き 竹内結子さんを始め、世間を騒がせた 伊勢谷友介さんや極楽とんぼの山本さんなどが出演している。 その他、石田ゆり子さんや哀川翔さん、長澤まさみさんや伊東美咲さんなどがチョイ役で出てたりもする。 今見るとすごいメンツだな、と。 ストーリーは、簡単に言えば死者が蘇える話。 それには条件があって、”死者を愛していて、なおかつ死者のDNAの一部を所有している事”。 ※例えば遺髪、爪、へその緒、血液、臓器など。←臓器だけ異質だが、作中に出てくる。 重要なのが、阿蘇地方の一部にだけ発生している怪現象で、上記を満たしていても蘇らない場合もある。 怪現象を調べに厚生労働省が出張ってくる。 この お役人が阿蘇地方出身の平太(草彅剛)。 学生時代の友人、葵(竹内結子)に惚れているが、親友の俊介(伊勢谷友介)に先をこされてしまう。 その後、俊介は水難事故で亡くなってしまうが、2人は あくまで友人同士。 久々の帰郷で旧交を温めるのだが・・。 見ていて面白かったのが、子供の頃に亡くなったため、現代に蘇ると、親兄弟は 年を取っていて、死者に認識してもらえなかったサキのケース。 序盤に出てきた少年が、黄泉がえり第1号と思われそうだが、たぶんSAKUが第1号であり、怪現象を引き起こしたのはRUI(柴咲コウ)だと思う。←根拠はない。←じゃあ、断定すな!・・・さーせん・・。 この2人、セリフはないが音楽で人々を誘導し、心酔させる。 死者との再会と二度目の別れをサポートする役目と思われる。 そして、曲が良い! 柴咲コウさん、メッチャ歌うまい!その後CDデビューもしてるしね。 この演奏を聴くだけでも見る価値はあると思う。 しかしながら、ストーリーに魅力がなく、謎が多すぎる。 中でも、なぜ葵は蘇ったのか? 平太の葵への想いは理解してるが、黄泉がえりの条件を満たしてないのに・・おかしくない? これくらいはハッキリさせてほしかったな。

閲覧数4,056