フレイルティー/妄執
3.8

/ 103

24%
43%
23%
9%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(37件)


  • cil********

    2.0

    凡庸な展開 最後も何が衝撃なの??

    親子の関係に全くリアリティがない上、延々、同じことの繰り返し。 最後に明かされるシーンにも、大した驚きは伴わない。 監督が二流なのだと思う。ストーリーを重層的に描くことなく、父親の凶行だけを軸にしているため、作品として薄っぺらな印象。 退屈。尺は半分でよい。

  • kak********

    4.0

    迫真の演技が光るビル・パクストン初監督作

    信じがたい話なれど、見ているうちに引き込まれてしまう映画。 ビル・パクストン監督デビュー作で、性格俳優の本領発揮といったところ。 相手役も、「コンタクト」ではジョディ・フォスター、「サハラ 死の砂漠を脱出せよ」ではペネロペ・クルスと共演するなど、演技力は一流のマシュー・マコノヒー。前半は父親役のビル・パクストン、後半は息子役のマシュー・マコノヒーがしっかりとした演技で支えている。 物語は、ゴッドハンド(神の手)と呼ばれる連続殺人犯が見え隠れする中、神から使命を与えられた家族の不思議な事件が繰り広げられる。この一見荒唐無稽に思える事件が真実味を増してくる展開は最後まで緊張感と共に持続する。罰を与えなければいけない”悪魔”は本当に存在するのか?最後まで目を離せない。 共演では、TVシリーズ「24ーTWENTY FOUR」で副大統領役を務めた事もあるパワーズ・ブースの名脇役ぶりが光る。二人の主役が同時に出演するシーンがないのに、見事な共演となっているのは、パワーズ・ブースが物語のつなぎと締めの役割を果たしているからで、脚本を含むスタッフ陣も力を出し切っている。

  • 一人旅

    5.0

    00年代サスペンスホラーの隠れた傑作

    ビル・パクストン監督作。 神からの使命を妄信し殺人を繰り返す父親に翻弄される兄弟の行く末を描いたサスペンスホラー。 俳優として活躍した故ビル・パクストンの初監督作品で、常軌を逸した父親役として出演も兼務しています。知名度こそ少ない映画ですが、2000年代サスペンスホラーの隠れた傑作であります。 テキサス州で発生中の連続猟奇殺人事件を捜査しているFBI捜査官:ドイルのもとに、事件の犯人が自殺した自分の弟:アダムであると告白する謎めいた男:フェントンが現れて、被害者達の遺体が埋められているとされる薔薇園に向かって二人は車を走らせるが―という現在の状況と、その車中でフェントンがFBI捜査官に語る、神からの使命を信じ人を殺し続けた父親に育てられた兄弟の少年期(1979年~)の回想シーンを交互に映し出していきながら、やがて過去から現在に繋がる驚愕の真実が明らかにされていく技巧派の一篇となっています。 先読みを許さない二転三転する展開と衝撃の結末に唸らされる作品で、シンプルな殺人捜査物という表向きのサスペンス劇の中からやがて全く別テイストの真相が浮かび上がっていく作劇に、本作の脚本を手掛けたブレント・ハンレイの独創性を見出すことができます。 ネタバレ厳禁ですので前情報を一切入れず鑑賞することを強くお勧めしたい逸品で、スティーヴン・キングが作り出すような不条理・不可思議な世界観がお好きな方には相性がいいと思います。

  • ふらんこ

    5.0

    マシューに外れなし

    とてもおもしろかったです。 映画は予算じゃないですね。 くらいミステリーが好きな人にはおすすめです。

  • npg********

    4.0

    ユージュアルサスペクツ以下だから

    どんでん返しと言ったらそうかもしれないけど 途中で少しずつなんかおかしいなって気づくかもしれないです。 ストーリー的には映画セブンとユージュアルサスペクツをたして二で割った感じ。 でも最初から最後まで目が離せないです。 意外にホラーって感じでもないし。 もっとgodhandを使って欲しかったなー

  • aqu********

    5.0

    最後に驚愕の真実が出現する傑作映画

    GOD HAND という文字を残す連続殺人事件の真相を究明したいFBIのドイル。 ある夜、ドイルのところにフェントンと名乗る男が訪ねてくる。 そして事件の真相を語り始める。 犯人はフェントンの弟アダムだというのだ。 そして、なぜ弟は殺人事件を専属で起こしていったのかを語り始める。 彼らの父にまつわる恐ろしい話が始まった。 ☆ これはストーリーの構成もおもしろく、話を疑いながらもついつい引き込まれてしまった。そして最後には驚愕の真実が出現し、ストーリーは見事に完結する。 大変おもしろい映画だった!!

  • hir********

    5.0

    意外と知られてない傑作恐怖映画

    ビル・パクストンって、目が、ガチでイッってるよね。 キャメロン映画の名脇役が、実は隠れた一面を持っていた、という 監督としてのパクストンの腕に、唸ってしまった一作。 もちろん、「狩人の夜」を大いに意識している作品である。 本当に怖い映画とは、こういうモノを指すのだと思う。 自分の隣で普通に生活している知人達が、 自分とは、全く違った世界にいる事を知る時。 その、きっかけは「宗教」だったりする・・・・ 人間は、暮らしこそ、似ているものだが、 「信じているもの」は、全く別物だったりする。 表面的には、わからない・・・・人間の心の中・・・・ ソレは、時に「恐怖」の対象になったりもする。 その辺りを、描いた「恐怖映画」としては、これは、なかなかの一品である。 ラストのオチが、当時の「ハヤリ」っぽくて、アレなのだが、 逆に、今の若い人達には、新鮮かも知れない・・・・ まぁ、暑い夏に、 こうした身の毛もよだつ、「精神」にクル「恐怖映画」を観て、 ゾッとするのも、一興。 でも、人を選ぶ映画だから、真面目な方は、観ない方がいいですよ。 (追伸) お気レビ、masayukiさん、「コクリコ坂」レビュー読んで戴き、有難う御座います。 これから、暑い日々が、続きますが、 お互い頑張って、この夏を、なんとか乗り切りましょう!!

  • お茶

    4.0

    ネタバレなかなか良かった・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • qua********

    5.0

    ネタバレ不確かさが生み出す恐怖

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jun********

    4.0

    恐ろしすぎ!

    優しい父と可愛らしい弟と3人暮らしをしていた少年フェントン。 ある日父が突然、神からの啓示があり、この世の悪魔を殺す使命を受けたと言いだす。ここからが悪夢より恐ろしいような現実の始まり。幼い兄弟の前でどんどん(悪魔と父が信じている)人間を殺していく父。そしてフェントンにも人殺しを強要し… 小さい子供で、いきなり父親がこんなこと言い出したら怖すぎでしょ。弟の方は幼すぎて父の言うことを信じてしまうし。最後のドンデン返しも恐ろしい!

  • apc********

    4.0

    現実だから怖い

    自分の中ではおもしろ名脇役という印象のビル・パクストン初監督作品。 ビル・パクストンの父親っぷりや子供達の好演に目が離せません。妄執と現実と家族愛に苦しむ姿が悲しすぎる。わずかな希望を持って観ていたラストも音声解説で見事打ち砕かれ(笑 繰り返し観るうち、細かい伏線や演出がいくつもあり、後に意味ある展開に繋がる事に気がつきます。その伏線もそもそも「妄執」から発生しているので、唐突感はあるのだけど、、 音声解説はビル・パクストンの人柄がよく出ていてかなり楽しめました!ラストはやっぱり納得いかないですが、よく出来てるので辛いながらも何度も観たくなる作品です。

  • fkx********

    4.0

    ふと目覚めると、枕元に…みゃあぁぁっ!

    いろんな事で悩んでいると、マリア様が降臨されて、そんな私におっしゃった。 「なるに任せなさい」 一度でいいから、夢枕にマリア様が立ってほしいものだ。 いや、それ以上に、夢枕にあの優しかった父や母、そして祖母や兄が立ってくれて、微笑みながら頭を撫でてほしい。 それだけで、溜まりに溜まった精神的な疲れや、孤独感や、漠然と抱いてきた不安から、一瞬間で解き放たれるような気がする。 たまぁに、枕元や胸の上に茶猫のみいちゃんが座っていて目覚めることがあるけれど、彼を抱きしめると、その柔らかさと温かさと優しさで癒されはするけれど。 でも、一度でいいから、逝ってしまった優しき人たちに、この世で再会したい…。 そんな『ツナグ』みたいな愚にもつかないけれど儚い一縷の望みを抱き続けながらも、いまだに実現できずにいる私にとって、この映画に登場する父親のような体験は、或る意味、羨ましい限りである。 しかも、一度ならず、二度、三度と彼は神の使いである天使…たぶん、ガブリエル?いや、ミカエルかな…に出逢い、その都度、ほぼ明確にあからさまな啓示を伝えられ、『マイティ・ソー』のハンマーよりも強力っぽい“オックス(斧)”とか、悪魔を抵抗なく捕縛できる“グローブ”なんていう“神の武器”まで与えられるなんて、かの『ジャンヌ・ダルク』や『第七の予言』なんぞもブッ飛ぶような“奇跡”である。 前半の展開では「この親父、何がきっかけでおかしくなったか…」と思いながら見ていたが、そういった“きっかけ”が全く描かれていないところや、妙に親父の“対面の体験”がリアルに描かれていること、そして、断食する事でトランス状態に陥り、神と対話する息子の意味ありげなシーンを見るにつけ、そういった見方が間違っている事に気付き、そして、その思いは、ラスト近くのモニター画面のシーン、そしてFBI捜査官と若い保安官との出逢いのシーンで確信になる。 考えてみれば、神が与え賜うた試練とか、神の意思に反した代償とか、神の導かれた必然とかを、隠れた伏線としてサラリと描かれているのも、気付いてみれば、脚本段階で本当によく練られた作品なのだと感心してしまう。 さて、この映画は、犯人の独白から始まるオムニバスで展開していくが、主人公を標準的な扱いから微妙にずらした形で脇に置いてストーリィ・テリングしていく手法は、少々反則気味だが斬新かつ秀逸であると思う。 標準的なサスペンスとかホラーに有りがちな、深夜の土砂降りの雨の車中といった舞台を中心に進行していくところも、見る者に一種の安心感を与え、これから起こるであろうイベントの観客なりの予想に根拠のない自信を持たせる役目を果たしており、ラストに待っている、たたみかけるようなどんでん返しの連続によって、見る者に与えるショックを倍加させる事に成功している。 いろいろ張られた伏線や、画面には敢えて出さずに主人公達の会話のみで見る者に情景を納得させる巧みな演出も、注目に値すると思う。 小屋の中での殺戮シーンでは、顔をそむける兄とは対照的に、被害者の身体から切断されて落ちる物を恐怖の顔と共に視線で追っている弟の迫真の演技も素晴らしい。 こういった映画を見慣れてしまった私みたいな連中からすると、ラストのオチもどんでん返しも映画の終盤までには殆んど見当がついていて意外性は少ないものの、オーソドックスなショッカーとしては、充分に物語の展開が楽しめる、質の高い映画だと思う。

  • gettoughbetough

    5.0

    これは傑作。最後のオチが凄い!

    こういったオカルト心理サスペンスといった分野では、この作品は傑作だと思う。これが俳優ビル・パクストンの初監督作品だとは、とても思えない。 連続殺人の犯人は自分の弟だと、突然FBI捜査官の元を訪れた一人の男。男の話は少年時代に遡る。父と息子二人の三人家族。父はとても優しく頼もしい存在であった。だが、そんな父がある日突然、神の啓示を受けたと兄弟に話し、悪魔が取り憑いた人間を自分たちの手で斧を使い、一人一人手に掛けていかねばならないのだと言う。幼い弟は父の言うがまま連続殺人の手伝いをするが、思春期に差し掛かろうとする兄には道徳的観念から抵抗感を覚えずにいられず・・・。 これは、最初から最後まで目が話せないほどストーリー展開が見事で、最後のオチには唸ってしまった。 役者陣の演技も見事で、父親役を演じたビル・パクストンもさながら、大人になった「兄」役のマシュー・マコノヒーは、アクションや恋愛映画のイメージをひっくり返すような素晴らしい演技。子供時代の兄弟を演じた二人の子役も上手い。 血は全く描写されないのに、スティーブン・キングに「最も恐ろしい映画」と言わしめた評判の偽りなし。

  • nom********

    4.0

    あなたの人間は、大丈夫ですか。

    DVD発売当時、悩んだあげく購入を見送った本作。 (低予算とか日本未公開とか単館系って案外高価格で尻込みする) レンタルでいっかと思ってたら、その後見かけることなく、 あっちゅー間に10年程経ちました(笑)。 で、去年たまたまブックオフで900円で売ってるのを見かけたのだけど、 900円出してまで欲しいかどうかと言われれば、 そうでもなかったので500円に下がるまで待とうと思い(←ドケチ、でた!)。 しかし当然そんな簡単に下がるはずもなく早1年(笑)。 900円よりは安く済みそうなオークションとか宅配レンタルとかあろうけど、 そこまでして観たいかどうかと言われれば、 そうでもなく(←メンドクサガリ、でた!)。 で、つい先日実家帰った際レンタルショップ寄ったら、あ り ま し た! やはり田舎はイイ!100円でレンタルできた、やったー! ってミミッチイな、マヂで。 『フレイルティー/妄執』 全米を震撼させているテキサスの連続殺人事件。 犯人は必ず現場に「ゴッド・ハンド(神の手)」という文字を残していた。 ある嵐の夜、事件を担当するFBI捜査官ドイルの元に、 フェントンと名乗る男が訪ねてくる。 彼の証言は「ゴッド・ハンドは自分の弟、アダムである」というものであった。 ドイル捜査官は疑いつつも、フェントンの証言に耳を傾ける。 そしてフェントンの証言は、彼ら兄弟の少年時代まで遡り。。。 連続殺人を題材にしてますが、殺害シーンなどの直接的な描写は 全くと言っていいほど無く、血も余り映しません。 精神的に恐怖を煽る演出が巧いです。 低予算ということもあろうけど、ソコをうまく活かし、 鑑賞者の妄想の力でぐいぐいと引き込んで行きます。 フェントンの語る過去は、父と兄弟の三人の話になるのですが、 この三人の関係性がよく考えられていると思います。 ある程度価値観が形成されている大人(父)と、 どちらかと言えばまっさらな子供(弟)と、 その中間の多感な時期の子供(兄)、それぞれの 家族に対する想いなどが丁寧に描かれていて。 母は次男を産んだ際に他界しているのですが、 妻の存在が父にとって何となく「心の拠りどころ」だったのかなと思うと、 少し悲しい話ではあります。 ホラーというよりは、サスペンス・スリラーといった感じで、 一時の「どんでん返し」が必殺技のよーに乱発された映画に馴染み深い方なら、 なんとなくラストは想定の範囲内になると思われますけども。 それでも、「秀逸だなあ」と思ってしまうのは、 この映画が扱うテーマにピッタリハマる 「どんでん返し」だからではないでしょうか。 映画そのものが大きく印象を変えました。 今の時代、人間関係において自由度が増した分、価値観も多様であって。 昔ほど社会に明確な「物差し」が存在しない今、 物事の善し悪しを判断するとき羅針盤とするのは 周りの人の価値観だったりするわけで。 自分以外の多様な価値観を取り入れて、「物差し」をつくって行く。 社会的地位のある人が云う事が正しいのか? 親の云う事が間違っているのか? それって真実なのだろうか。 目の前に説得力のあるモノを出されると、 簡単に印象を変えてしまう自分って。。。  あなたは何を、信じますか? そう問われているんだろうか。 ヒトって、複雑で、簡単で、脆くて、ほんと、恐ろしい。

  • kaf********

    2.0

    ネタバレン~ …………

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kao********

    4.0

    父親の妄執は?‥

    アメリカの小さな映画祭に出品された低予算の映画が、あまりにもショッキングな題材により話題を呼んだ。 そして、その反響により全米公開となった作品。 ある田舎町でつつましく暮らしていた父親と息子2人の家族。父親がある時期から精神のバランスを欠き、親子は常軌を逸した行動を起すというお話。 ジャンルでいうと、心理ホラーかサスペンスというところか? しかし、お化けがでたり、残虐なシーンを見せ付けられたりはしません。 でも、心理的には非常に怖いものがありました。 物語が「親子・兄弟」という、世界で展開していくのが注目点。 父の奇行(宗教的心理)に対しての、子どもの心境を上手に体現しています。 しかも子どもたちの演技が達者で、ついつい引き込まれてしまう…。 理性・正義と、家族愛にもがく姿は、胸を締め付けましたね。 映像・音楽・脚本(台詞)、演技のどれをとっても、2級作品ではありますが、題材の怖さだけは一級品でした。 でも、マシュー・マコノヒーの不気味な演技は目を見張るものでした。 そして、ラストが気になります‥。

  • tsk********

    4.0

    ネタバレどんでん返し

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • him********

    5.0

    ネタバレ感想

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kon********

    5.0

    久々にヒット

    途中でオチが見えてきてしまった部分もあったけど、「シックス・センス」に通じるものがありました。 連続殺人犯を追う刑事の目の前に現れた犯人を知っていると言う謎の男 というありがちな設定から予想外の方向へ持って行くところはなかなかなもので、ぐっと引き込まれました。洋物ホラー映画にしては珍しく「語り」を多くするのが面白かったです。見ても損はないかと思います。 グロシーンもほぼ無し(殺人シーンは動作のみで死体は映らない) エロシーンは皆無 ただ「シャイニング」をみている時のような妙な緊迫感が終始張り詰めています。

  • iko********

    4.0

    低予算でもこれだけ面白い

    これは掘り出しモンでした。 とても一俳優さん(ビル・パクストン)が監督した作品とは思えない出来でした。 ただ、好みは分かれるかも。

1 ページ/2 ページ中